大学院案内 カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

博士前期課程(国際コミュニケーション専攻)

 カリキュラム・ポリシーとは簡単に言えば、本学の建学の精神、教育理念、養成する人材像を実現するための基本的な考え方を具体化したもの。以下のような方針に基づいて博士前期課程のカリキュラム(教育課程)を編成しています。。

1、知識基盤社会を支える高度なコミュニケーション・スキルを備え、我が国及び国際社会の発展と文化の進展に寄与し、専門性を構築できる人材養成を目指し、コミュニケーション科目、言語科目、社会・文化科目を配置する。

2、コミュニケーション科目では多面的で広範なコミュニケーションの諸相について、理論的に見識を深め、多様化・複雑化している国際コミュニケーションの理論を中心に学ぶ科目を配置する。

3、言語科目では英語・中国語又は日本語によるコミュニケーション能力を国際社会で通用するレベルまで引き上げ、日本を基盤に置いた国際コミュニケーションを具体化するために、中国語においては日中比較言語の視点よりコミュニケーション能力を高める科目を配置する。なお、情報については高度な検索能力等を高め、論文作成等に十分に生かせるように配置する。

4、社会・文化科目では「自己と他者」、「共通性と共感」といった国際コミュニケーションに関する問題意識と研究課題を持って研究に邁進するための科目を配置する。

5、勤労観、職業観、研究者としての姿勢を身に付け、それぞれが直面するであろう様々な課題に柔軟にかつたくましく対応し、社会人・職業人・研究者として自立していくことができるようにするキャリア教育に関連する科目にはシラバスの右上に「キャリ ア教育」と明記している科目を位置付けた。

6、カリキュラム・ポリシーをさらに具現化するため、履修モデルとして欧米理解、 日本理解、中国理解コースの3つを想定した。

7、これまで身につけた知識基盤社会を支える高度なコミュニケーション・スキル及び専門性の深い見識を統合し、院生全員に対して最終的には修士論文として結実できるよう、研究指導教授により細かな研究指導を行う。研修指導は単位化はしていないが必修として位置づけ、研究者としての姿勢や社会人として自立できるような人間教育を兼ねる。

博士後期課程(国際コミュニケーション専攻)

 カリキュラム・ポリシーとは簡単に言えば、本学の建学の精神、教育理念、養成する人材像を実現するための基本的な考え方を具体化したもの。以下のような方針に基づいて博士後期課程のカリキュラム(教育課程)を編成しています。

1、実践的で高度な日中英語圏コミュニケーションの研究に重点を置き、日中英語圏の文化や言語、日中英語圏関係の深い理解を目指す人材を養成するため、コミュニケーション関連研究科目、言語研究科目、文化研究科目を配置する。

2、コミュニケーション関連研究科目では、日中英語圏交流の歴史的背景や国際的視座が求められ、顕著にコミュニケーションの影響を受けるビジネスにおけるつながりも含めて、多面的で広範な日中英語圏コミュニケーションの諸相について、理論的に見識や研究が深められる科目を配置する。

3、言語研究科目では、高次元の日中英語圏コミュニケーションを可能にすることを前提とした日本語・中国語・英語の変遷について歴史的経緯を十分踏まえたうえで意思伝達機能を究明する科目を配置する。

4、文化研究科目では、コミュニケーションの底流にある文化に関する高度な素養と深い洞察力を涵養する日本文化と中国文化、英語圏文化に関連する科目を配置する。

5、勤労観、職業観、研究者としての姿勢を身に付け、それぞれが直面するであろう様々な課題に柔軟にかつたくましく対応し、社会人・職業人・研究者として自立していくことができるようにするものとして研究指導をキャリア教育を担うものと位置付けた。

6、カリキュラム・ポリシーをさらに具現化するため、履修モデルとして、日中研究、日英語圏、日中英語圏の3つを想定した。3領域をバランスよく修得し、日中英語圏の置かれた文化的・言語的背景および両国間の交流を高度なレベルで研究し、日中英語圏間のコミュニケーションのあるべき姿を模索できる研究者を育成する。

7、これまで身につけた実践的で高度な日中英語圏コミュニケーションの研究に重点を置き、日中英語圏の文化や言語、日中英語圏関係の深い理解と見識を統合し、院生が最終的に博士論文として結実できるよう、研究指導教授により細やかな研究指導を行う。


※学生募集停止の日中コミュニケーション専攻博士後期課程については「授業一覧」の「履修の手引き&博士論文に関する要項」を御覧下さい。