入試情報 入学者受け入れ方針

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

修士課程(博士前期課程)

本学では入学試験形態によりアドミションポリシーをそれぞれ設けています。

学内進学者選抜

 本学の国際コミュニケーション学部において、教育目標を十分理解し、明確な目的意識をもって大学生活を送り、「国際コミュニケーション」に関する専門的知見を高めてきたかを評価します。知識基盤社会を支え、高度な職業的舞台で展開していくスキルと知的素養を備えるという実践的観点から、将来研究に従事でき、高度な実務を担える人材で、修士論文をまとめることができる者を求める試験です。

一般入試

 本専攻の教育目標を十分理解し、明確な目的をもって研究生活を送ることができるかを評価します。加えて、その基盤となる力としての英語力を確認します。知識基盤社会を支え、高度な職業的舞台で展開していくスキルと知的素養を備えるという実践的観点から、将来研究に従事でき、高度な実務を担える人材で、修士論文をまとめることができる者を求める試験です。

社会人入試

 社会人として培った経験、その経験から得たコミュニケーションの力や積極的に物事を理解しようとする意欲、明確な問題意識をもって研究生活を送ることができるかなどを評価します。知識基盤社会を支え、高度な職業的舞台で展開していくスキルと知的素養を備えるという実践的観点から、研究に従事でき、かつ、社会人としての経験を生かし、修了後は問題意識をもって国際社会や地域社会に貢献でき、修士論文をまとめる者を求める試験です。

外国人留学生入試

 異なる言語・教育・政治・文化のもとに育った日本語能力の高い外国人留学生を院生として入学させ、修了後は、国際化の進む我が国と出身国との前向きな交流に貢献でき、かつ我が大学の伝統を受け継げる人材を確保します。
 このため、高度な日本語能力を有し、本学の大学院教育目標を認識し、将来の自分の専門に関して強い目的意識と勉学意識を有し、日々の研究活動に耐え、修士論文をまとめることができる者を求める試験です。

博士後期課程

本学では入学試験形態によりアドミッションポリシーをそれぞれ設けています。

学内進学者選抜

 本大学院、博士前期課程(修士課程)の国際コミュニケーション専攻において、教育・研究を十分理解し、明確な目的意識をもって大学院生活を送り、「国際コミュニケーション」に関する専門的知見を高めてきたかを評価します。知識基盤社会を支え、高度な職業的舞台で展開していくスキルと知的素養を備えるという実践的観点から、研究に従事でき、博士論文をまとめることができる者を求める試験です。

一般入試

 本専攻の教育・研究目標を十分理解し、明確な目的をもって研究生活を送ることができるかを評価します。加えて、その基盤となる力としての語学力を確認します。知識基盤社会を支え、高度な職業的舞台で展開していくスキルと知的素養を備えるという実践的観点から、研究者として自立でき、博士論文をまとめる者を求める試験です。

社会人入試

 社会人として培った経験、その経験から得たコミュニケーションの力や積極的に物事を理解しようとする意欲、明確な問題意識をもって研究生活を送ることができるかなどを評価します。知識基盤社会を支え、高度な職業的舞台で展開していくスキルと知的素養を備えるという実践的観点から、研究に従事でき、かつ、社会人としての経験を生かし、研究者として自立でき、博士論文をまとめることができる者を求める試験です。

外国人留学生入試

 異なる言語・教育・政治・文化のもとに育った日本語能力の高い外国人留学生を院生として入学させ、修了後は、国際化の進む我が国と出身国との前向きな交流に貢献でき、かつ我が大学の伝統を受け継げる人材を確保します。
このため、高度な日本語能力を有し、本学の大学院教育・研究目標を認識し、将来の自分の専門に関して強い目的意識と研究意識を有し、日々の研究活動に耐え、研究者として自立でき、博士論文をまとめることができる者を求める試験です。