カリキュラム 授業一覧

教育課程表

博士前期課程(国際コミュニケーション専攻)

修了要件

 必修科目単位8単位、選択必修科目12単位、選択科目10単位以上、合計単位30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で修士論文を提出し、本大学院が行う修士論文の審査及び最終試験(口頭試問)に合格する必要があります。

カリキュラム表

授業科目の概要配当
年次
単位数又は
時間数
授業
形態
備考
必修選択自由
コミュニケーション科目 コミュニケーション特殊講義 1   2   講義 選択 4単位
コミュニケーション特殊演習 1   2   演習
国際コミュニケーション特殊講義 1   2   講義
国際コミュニケーション特殊演習 1   2   演習
異文化コミュニケーション特殊講義 1・2   2   講義
コミュニケーション心理特殊講義 1・2   2   講義
対人コミュニケーション特殊講義 1・2   2   講義
非言語コミュニケーション特殊演習 1 1・2   2   演習
非言語コミュニケーション特殊演習 2 1・2   2   演習
メディアコミュニケーション特殊講義 1・2   2   講義
言語科目 英語コミュニケーション特殊演習 1 1・2   2   演習 選択 4単位
英語コミュニケーション特殊演習 2 1・2   2   演習
英語コミュニケーション特殊演習 3 1・2   2   演習
英語コミュニケーション特殊演習 4 1・2   2   演習
中国語コミュニケーション特殊演習 1 1・2   2   演習
中国語コミュニケーション特殊演習 2 1・2   2   演習
日本語特殊演習 1 1・2   2   演習
日本語特殊演習 2 1・2   2   演習
社会・文化科目 日本文化特殊講義 1 1   2   講義 選択 4単位

上記各科目群の選択単位以外10単位以上を履修し、合計22単位以上
日本文化特殊講義 2 1   2   講義
日本文化特殊演習 1 1・2   2   演習
日本文化特殊演習 2 1・2   2   演習
日本政治特殊講義 1・2   2   講義
日本経済特殊講義 1・2   2   講義
日本社会特殊講義 1・2   2   講義
国際政治特殊講義 1・2   2   講義
国際企業・経営特殊講義 1・2   2   講義
国際情勢特殊講義 1・2   2   講義
北アメリカ文化特殊講義 1・2   2   講義
中国文化特殊講義 1・2   2   講義
中国文化特殊演習 1・2   2   演習
西欧文化特殊講義 1・2   2   講義
中東文化特殊講義 1・2   2   講義
国際文化交流特殊講義 1・2   2   講義
研究指導 研究指導1 1 2     演習 必修8単位
研究指導2 1 2     演習
研究指導3 2 2     演習
研究指導4 2 2     演習

必要単位数

科目必修選択必修選択修了要件単位
コミュニケーション科目 0 4 10 22単位以上
言語科目

0

4
社会・文化科目 0 4
研究指導 8 0 0 8単位
合計 8 12 10 30単位以上

博士後期課程(国際コミュニケーション専攻)

修了要件

 選択科目6単位以上、選択科目2単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で博士論文を提出し、本大学院が行う博士論文の審査及び最終試験(口頭試問)に合格する必要があります。(1年間の上限単位は6単位)

カリキュラム表

授業科目の概要配当
年次
単位数又は
時間数
授業
形態
備考
必修選択自由
コミュニケーション関連研究科目 国際コミュニケーション特殊研究 1・2   2   演習 選択2単位
国際文化交流特殊研究 2・3   2   演習
国際関係特殊研究 2・3   2   演習
国際ビジネス特殊研究 2・3   2   演習
国際情勢特殊研究 2・3   2   演習
言語研究科目 日本語特殊研究1 1・2   2   演習 選択2単位
日本語特殊研究2 1・2   2   演習
中国語特殊研究 1・2   2   演習
英語特殊研究 1・2   2   演習
文化研究科目 日本文化特殊研究1 1・2   2   演習 選択2単位

上記各科目群の選択単位以外2単位以上を履修し、合計8単位以上
日本文化特殊研究2 2・3   2   演習
中国文化特殊研究 1・2   2   演習
英語圏文化特殊研究 1・2   2   演習
  (研究指導) 1~3 - - -    

必要単位数

科目必修選択必修選択修了要件単位
コミュニケーション関連研究科目 0 2 2 8単位以上
言語研究科目 0 2
文化研究科目 0 2
合計 0 6 2

8単位以上

※学生募集停止の日中コミュニケーション専攻博士後期課程については、下記の「履修の手引き&博士論文に関する要項」を御覧下さい。

自己点検・評価活動とは

 教育機関がその社会的責任を果たすためには教育研究活動の活性化、質の向上に努め、改善の努力を行ってゆくことが必要です。自己点検・評価活動はその為に行われる活動で、現在では文部科学大臣の認証を受けた評価機関による評価を受けることが義務づけられています。(認証評価制度)

授業評価アンケートの集計結果

授業評価(2016後期)

授業評価(2016前期)

授業評価(2015後期)

授業評価(2015前期)

授業評価(2014後期)

授業評価(2014前期)

授業評価(2013後期)(PDFファイル 247KB)

授業評価(2013前期)(PDFファイル 247KB)

授業評価(2012後期)(PDFファイル 205KB)

授業評価(2012前期)(PDFファイル 205KB)

授業評価(2011後期)(PDFファイル 196KB)

授業評価(2011前期)(PDFファイル 197KB)

授業評価(2010後期)(PDFファイル 206KB)

授業評価(2010前期)(PDFファイル 124KB)

授業評価(2009後期)(PDFファイル 99KB)

授業評価(2009前期)(PDFファイル 124KB)