大学概要 建学と歴史

建学の精神

明治45年の創立から短期大学開学と学科増設まで

武蔵野学院の源流は明治45(1912)年、日本橋に創設された大橋幼稚園にあります。大正9(1920)年、同地に大橋家政女学校が設立され、さらには東京都北区西ヶ原に 大正11(1922)年、武蔵野高等女学校が設立されました。設立時は建学の精神を「報恩感謝の精神」「婦人の真使命の確立」とし、戦後は、社会をリードする先進的職業人として「自覚ある女性」を育成することと定め、女子教育に専心してきました。

この伝統としてきた教育理念を基本とし、それを大学教育において具現化すべく、昭和56(1981)年に設置した武蔵野短期大学幼児教育学科において、幼児の教育・保育者としての専門的な知識と能力を持った人材の育成に努めてきました。また、平成3(1991)年に設置した国際教養学科では、開かれた国際社会に進出するため、語学に熟達し、国際関係、各地域の文化・歴史等についての認識を深め、多様な外国文化を尊重する人材養成を目指してきました。

グローバル化の流れから、大学開学へ

授業風景

その後、グローバル化・ボーダレス化の進行とともに、国籍や言語、民族や文化の違いを超えて高度なコミュニケーションをとれる人材の養成という社会の要請に応え、複眼的、国際的な視野からものごとを考えることのできる柔軟な思考力と豊かな感性、そして創造力を備え、それを単に知識に留めることなく、「他者理解」を建学の精神とする共生の理念をもって国際社会に通用する実践的で高度なコミュニケーション能力を備えた自覚ある人材養成をはかるため、男女共学の武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部を平成16(2004)年に設置しました。

国際言語である英語はもとよりコンピュータなどのコミュニケーションツールを駆使して自らの考えを積極的に発信できる国際コミュニケーション能力を持った人材の養成を目指した教育を行っています。本学の教育理念は、実践力を身につけることを目指すものですから、知識は生きた知識であり、能力は実際的な能力であることが重要と考えます。学生がこの本学建学の精神と教育の特色を理解し、自覚して勉学に力を尽くし、立派に社会に巣立っていくことを期待しています。

ページの先頭へ戻る

沿革

武蔵野の前身校の開設

武蔵野の前身は、大正11年に設立された武蔵野高等女学校にさかのぼります。当時は女学校設立ブームの真っ只中で、ハイカラな女学生は時代の象徴でもあり、そして女子教育に対する要請が激しく高まっていた時代でした。創立者である高橋とき先生は、そのような社会状況の中で、いわゆる「良妻賢母」的な女子教育ではなく、社会に役立つ人材を育てようと「婦人の真使命の確立」を唱えて、東京西ヶ原の地に武蔵野高等女学校を開設しました。

短期大学と大学設立

校舎

それから60年後の昭和56年、埼玉県狭山市からの招致を受け、現在のキャンパスに武蔵野短期大学を設立しました。さらに平成16年には、地域・国際社会からの要請に応えて、短大と同じ地に男女共学で国際的な人材の育成を目指す武蔵野学院大学を開学しました。高女以来の歴史・伝統と、最先端の研究・教育・カリキュラムを融合させながら、武蔵野は時代に合わせて進化を遂げています。

年表

明治45年 日本橋に大橋幼稚園設立
大正 9年 大橋家政女学校設立
大正11年 武蔵野高等女学校設立
昭和23年 武蔵野中学高等学校と改称
昭和41年 芦ノ湖レジデンス竣工
昭和56年 武蔵野短期大学幼児教育学科開学
昭和57年 武蔵野短期大学附属幼稚園開園
平成 3年 武蔵野短期大学国際教養学科設置(平成16年廃止)
平成 16年 武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部開学
平成 16年 武蔵野中学高等学校共学化
平成 19年 武蔵野学院大学大学院国際コミュニケーション研究科修士課程開学
平成 23年 武蔵野学院大学大学院 国際コミュニケーション研究科
日中コミュニケーション専攻博士後期課程開学