入試案内 入試の特徴

特待生入試について

AO入試、指定校推薦入試、一般推薦入試、センター利用入試、一般入試の各1回目は特待生入試を兼ねた入試になっています!

 

 

特待生入試では当日の試験結果に基づき、合格の種別が以下のようになります。


特待生A:入学金、授業料、施設設備費、施設維持費の全額が免除になります。


特待生B:入学金、授業料、施設設備費、施設維持費の半額が免除になります。


特待生としての期間は1年間です。ただし、2年次以降も学内の基準を満たすことにより、特待生として資格を維持することが可能です。

また、上記以外の入試においても、試験結果に基づき、特待生A、特待生Bとして合格を出すことがあります

詳しくは募集要項をご確認ください。


2018年度入試武蔵野学院大学募集要項はこちら

AO入試・推薦入試併願制度

第1回、第2回AO入試(7月3日からエントリー開始)と指定校推薦入試ⅠB・ⅡB(11月・12月実施)と一般推薦入学試験Ⅰ・Ⅱ(11月・12月実施予定)の3つの入試に関しては所定の手続きを行うことで入学手続締切日を2018年2月22日まで延長することが可能になっています。

多くの他大学の一般入試の合否を確認してから、入学手続ができるため、併願校として受験することが可能になりました。

詳しくは募集要項をご確認ください。


2018年度入試武蔵野学院大学募集要項はこちら

WEB出願について

武蔵野学院大学ではWEBでの出願が可能になっております。

対象はセンター利用入試と一般入試になります。


・WEB出願すると、受験料が割引になります

センター利用入試における割引(通常15000円→12000円)

一般入試における割引(通常30000円→25000円)

詳しくはWEB出願ページをご覧ください。


2018年度入試のWEB出願ページは12月上旬に公開予定です。