進路・就職 キャリア教育

キャリア教育

「知識」の教育から、「知恵」の教育へ

多くの大学生は卒業後に社会人として、実社会に旅立つことになります。

本学では、学生達が卒業時に、自らの意志で自らの進路を選択すると共に、社会人としてのマナーやものの考え方等を身につけていられるように、1年次より「社会人基礎力」の向上を目的とした独自のプログラムを実施しています。

 

社会の中で、「自らの答えを自らで見つけられる」学生を育てる為に、講義形式のプログラムとグループワーク等により、学生自らが考え、気づき、学んでいく講義を行っていきます。

1・2年を対象をした講義

1・2年を対象をした講義

年次ごとの流れ

1学年

「高校生」から「大学生」になるにあたって、必要な考え方の変化を学んでいきます。

講義を通じて実社会で必要な“考え方”を教えると共に、グループワークを通じて学生が「自ら考える」機会を積極的に作る事で、「自分の言葉」で理解し学んでいく事を目指します。

同時にグループワークを通して、他者との関わりや活動の中で、コミュニケーション能力の向上も目指します。

将来の職業を選択をする上で重要な「自己理解」を1年次から進めていきます。

 

また、グローバル化していく社会に対応出来る人材を育成する為に、「世界に目を向ける」という事も講義を通じて伝えていきます。

2学年

1年次で”考え方”の基礎を学んだ後、2年次ではより実社会に即した「実践的な内容」の学習を進めていきます。
グループワークでは、「企業から頂いた課題」に取り組む事で、企業活動において必要な「実践的な考え方」を学んでいきます。グループにおいて課題に取り組み、プレゼンテーションを行っていく中で「自らの考えを伝える力」も養っていきます。
より「実社会に即した課題」にグループで取り組む事で、集団の中における”自分の役割”を認識する等、進路を選択する上で必要な「自己理解」を更に進めていきます。
後半では、3年冬からスタートする”就職活動”へスムーズに進めるよう、具体的に「働く」という事や、「自らのキャリアプラン」を意識した内容に取り組んでいきます。

3学年

個別面談

個別面談

冬からスタートする「企業の採用活動」が始まる前に、「就職活動」において具体的に必要な準備を始めていきます。1年次より進めてきた「自己理解」の集大成として「自分の進路・志望」を明確にしたり、社会においてアピール出来る自分のいいところを「言葉で表現する」訓練をしていきます。

後期においては、履歴書やエントリーシートの書き方、面接練習・対策等、具体的な方法論についても学んでいきます。

本講義において、就職活動における実践的なスキルを学びながら、「就職部」と連携をとることで、厳しい就職活動を戦っていける力を身につけます。

インターンシッププログラム

農業体験

武蔵野学院大学では、他大学ではなかなか見られない、農業におけるインターンシップに参加することができます。

 ・狭山茶製造販売 広瀬古谷園

 ・NPO法人「ぶどうの会」