本学の特徴 | 教員紹介

高橋 暢雄 Nobuo Takahashi

職位 学校法人武蔵野学院 理事長、武蔵野学院大学学長・教授
研究分野 政治学、経済学、経営学、キャリア教育、現代思想
所属 大学 国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科
大学院 国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻 博士前期課程
国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻 博士後期課程
担当授業 大学 キャリアデザイン1〜6
大学院 〔博士前期課程〕
日本経済特殊講義、研究指導1〜4
〔博士後期課程〕
国際ビジネス特殊研究(研究指導)
学位 法学修士(慶応義塾大学)
所属学会 三田教育会、日本法政学会、日本政治学会、日本コミュニケーション学会、多文化関係学会、日本言語技術教育学会
最終学歴 平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得退学
職歴 武蔵野短期大学学長、武蔵野短期大学附属幼稚園園長、武蔵野中学・高等学校長、武蔵野短期大学 助教授、武蔵野短期大学教授 他
社会活動 日本私立大学協会評議員 他
現在の研究テーマ 1.政治思想の基礎理論としての「人間の空間認識」の研究
2.過剰流動性等、世界経済や各国の政治に多大の影響を斉らすトピックの研究
3.古代史・キャリア教育等、人間とコミュニケーションに係わる諸問題。
研究紹介 政治学を基礎として、隣接学術分野との融合に関心がある。
現在は世界経済のトピックや政治的主 権概念や人間の空間認識等、多岐に渡る問題意識から思索を試みている。
研究キーワード 人間の空間認識、キャリア教育、経営品質、生田神社
主な研究業績 (最新のもの13点まで)
〔著作〕
・『他者理解へのアプローチ』(監修・共著)(武蔵野学院 武蔵野短期大学、平成15年)
〔学術論文〕
・「市場プレーヤーの可謬性(ファラビリティ)~心理的側面からの一考察・前編」(共著) (『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第6輯、平成21年3月)
・「生田神社創設家の足跡と近現代(1)~海上五十狭茅とその時代」 (『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第6輯、平成21年3月)
・「世界経済の転換期での過剰流動性問題~フロ-重視モデルの超克に向けて」(『武蔵野学院大学大学院研究紀要』 第2輯、平成21年4月)
・「生田神社創設家の足跡と近現代(2)~福原京と平野の地」(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第7輯、 平成22年3月)
・「Capital Ideas;資本市場における「洞察」についての一考察」(共著)(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第7輯、平成22年3月)
・「転換期における能動的経済活動~CSRから国際連帯税へ」(『武蔵野学院大学大学院研究紀要』第3輯、平成22年6月)
・「生田神社創設家の足跡と近現代と近代(3)~鵯越の逆落としは何だったのか」(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第8輯、平成23年3月)
・「市場経済深化と政治動向への-考案~市場に政治がより支配される10年」(『武蔵野学院大学大学院研究紀要』第4輯、平成23年4月)
・「市場プレーヤーの可謬性についての分析(その3) 数理面からの一考察」(共著)(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第9輯、平成24年6月)
・『武蔵野発祥の地「新大橋」~1912年新大橋架替』(『学校法人武蔵野学院創立百周年記念誌』、平成24年6月)
・「上古海上氏への一考察~海上五十狭茅とは誰だったのか?」(『武蔵野学院大学大学院紀要』第8輯、平成28年3月)
・「京都出雲路家について」(『武蔵野学院大学大学院紀要』第9輯、平成29年3月)
ホームページ
メールアドレス
教員一覧へ戻る