本学の特徴 | 教員紹介

阿久澤 忠 Tadashi Akuzawa

職位 教授・図書館長
研究分野 日本語学、日本語史(特に平安時代の文章・文体)
所属 大学 国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科
大学院 国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻 博士前期課程
国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻 博士後期課程
担当授業 大学 言語理解論、日本言語論、歴史と文学
大学院 〔博士前期課程〕
日本語特殊演習1・2、研究指導
〔博士後期課程〕
日本語特殊研究1・2、研究指導
学位 文学修士
所属学会 日本語学会、日本文体論学会、表現学会、他
最終学歴 昭和57年東洋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学
職歴 平成元年4月~平成5年3月 湘南短期大学 国文学科 専任講師
平成5年4月~平成11年9月 湘南短期大学 国文学科 助教授
平成11年10月~平成23年3月 湘南短期大学 国文学科 ヒューマンコミュニケーション学科 教授
社会活動
現在の研究テーマ 日本語の歴史(特に平安時代の文章・文体の研究)
研究紹介 日本語の歴史、特に平安時代の源氏物語を中心とした文章(仮名文)の文体、文章表現の実態について研究している。
研究キーワード 平安時代の日本語、文体、文章表現
主な研究業績 〔著書〕
・「源氏物語の語法と表現」(国研出版、平成5年)
・「語法・語彙を中心とする平安時代仮名文論考」(武蔵野書院、平成14年)
・「平安時代語の仮名文研究」(新典社、平成28年)
・「なぜ犬が犬を『とぶらふ』のか-枕草子の文体-」(中村明 他編『表現と文体』明治書院、平成17年)
・「暁の月-手習の巻『暁に到りて月徘徊す』」(森一郎 他編『源氏物語の展望』第一輯、三弥井書店、平成19年
・「源氏物語の俳諧-誹諧歌・物名歌の引歌表現-」(森一郎 他編『源氏物語の展望』第五輯、三弥井書店、平成21年
・「源氏物語の物名歌の表現」(紫式部学会編『源氏物語の言語表現 研究と資料 -古代文学論叢第18輯-』、武蔵野書院、平成21年)
・「歌語『嘆き』の消長」(月本雅幸 他編『古典語研究の焦点 武蔵野書院創立90周年記念論集』、武蔵野書院、平成22年
・「源氏物語の『しげ木のなか』-仮名文の中の漢字-」(坂詰力治編『言語変化の分析と理論』、おうふう、平成23年
・「古典解釈と呼称」(中山緑朗 他編『品詞別 学校文法講座 第二巻 名詞・代名詞』、明治書院、平成26年

〔学術論文〕
・「橋姫の巻『御前にて失はせ給へ』は誰の言葉か「(『表現研究』第98号、平成25年10月)
・「文脈と文体-源氏物語の場合-」(『文体論研究』第61号、平成27年3月)
・「源氏物語の『はんべり』-中世の跫音―」(『武蔵野学院大学大学院紀要』第9輯、平成28年3月)
ホームページ
メールアドレス
教員一覧へ戻る