本学の特徴 | 教員紹介

澤口 俊之 (さわぐち・としゆき)

職位 教授
研究分野 認知神経科学、人間生物学、脳育成学
所属 大学 国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科
大学院 国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻 博士前期課程
担当授業 大学 社会心理学、コミュニケーション概論
大学院 〔博士前期課程〕
コミュニケーション心理特殊講義
学位 博士(理学、Ph.D.)
所属学会 日本神経科学会、日本咬合学会、日本霊長類学会、Society for Neuroscience(USA)、など
最終学歴 昭和62年3月 京都大学理学研究科 博士後期課程修了
職歴 昭和60年4月 日本学術振興会 特別研究員
昭和63年4月 米国エール大学医学部神経生物学科 ポストドク
平成3年4月 京都大学霊長類研究所 助手
平成5年1月 科学技術庁新技術事業団兼任研究員(平成7年10月まで)
平成8年3月 北海道大学文学部心理システム科学講座 助教授
平成11年10月 北海道大学医学研究科高次脳機能学分野 教授(平成18年3月まで)
平成18年4月 人間性脳科学研究所 所長(現在に至る)
社会活動 昭和63年4月 ブレインサイエンス財団 塚原賞(新人部門)受賞
平成12年8月 日刊工業新聞技術科学図書文化賞
現在の研究テーマ 幼少期での脳育成、成人での「成功知能」
研究紹介 -
研究キーワード 前頭前野、一般知能、ワーキングメモリ、発達障害、モノアミン
主な研究業績 (直近のもののみ掲載)
〔原著論文〕
Hirata, Y. and Sawaguchi, T. Functional columns in the primate prefrontal cortex revealed by optical imaging in vitro. Neuroscience Research, 61: 1-10 (2008)
Kuwajima, M. and Sawaguchi, T. Similar prefrontal cortical activities between general fluid intelligence and visuospatial working memory tasks in preschool children as revealed by optical topography. Experimental Brain Research, 206: 381-397 (2010).
Tsunada, J and Sawaguchi1, T. Spontaneous processing of categorical and discriminative information of social behaviors in primate prefrontal neurons. PLoS ONE, 7(12): e52610 (2012)
〔総説〕
澤口俊之.前頭葉の認知的情報処理―前頭前皮質の「脳間・脳内操作系」仮説.神経研究の進歩 49:512-526 (2005) (査読あり)
Kuboshima-Amemori S and Sawaguchi, T. Plasticity of the primate prefrontal cortex. Neuroscientist 13: 229-240 (2007) (査読あり)
澤口俊之.作業記憶.Clinical Neuroscience.29: 188-192, 2011
澤口俊之.脳とストレス.北海道歯科医学雑誌, 2012
澤口俊之.脳と睡眠.北海道歯科医学雑誌, 2012
〔著書〕
澤口俊之.『「学力」と「社会力」を伸ばす脳教育』,190頁(講談社α新書, 東京) (2009)
澤口俊之.『恋脳指数』,192頁(小学館, 東京) (2010)
澤口俊之,金子保,片岡直樹.『発達障害を予防する子どもの育て方』,121頁(メタモル出版,東京) (2010)
澤口俊之.「夢をかなえる脳」,256頁(WAVE出版,東京)(2011)
澤口俊之.『「やる気脳」を育てる』, 200頁(小学館,東京)(2012)
澤口俊之.『脳をこう使えば、ボケない、太らない』, 221頁(小学館,東京)(2012)
澤口俊之.『脳を鍛えれば仕事はうまくいく』,206頁(宝島社, 東京)(2014)
ホームページ toshi-sawaguchi.life.coocan.jp/
メールアドレス
教員一覧へ戻る