あしたのあなたへ

あしたのあなたへ 

 武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部 1年 安倍智輝

画像

私にとっての国際コミュニケーション。

それは、陸上部と英語の勉強の楽しい両立です。

 山形県の高校の陸上部で部活を頑張っていた私は、武蔵野学院大学の陸上部の笠間監督からお話をお聞きして、一度、大学を見学しに来ました。雰囲気がいいなあと思い、進学を決めました。寮は学校のすぐ近くにありまして、部員との生活は快適です。

 もちろん、授業と練習の両立は楽ではありません。早朝練習も毎日ありますし、授業を終えてからも練習があります。でも、箱根駅伝は私の高校時代からの夢でもありますし、監督の熱意にも引っぱられながら、出場を目指して練習を続けています。高校の時より授業の時間も長いですが、頑張って勉強も両立させたいですね。何事も自分でやることの大変さも味わいながら、毎日を楽しみたいと思います。

 監督もコーチも現役時代に素晴らしい選手でしたので、練習についていけば、きっと強くなれるはずです。国際コミュニケーション学部の授業で英語も学びながら、陸上部のメンバーともライバルというより仲間意識をもって、一緒に頑張りたいですね。


武蔵野学院大学の英語教育はこちら

 武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部 1年 濱谷美彩

私にとっての国際コミュニケーション。

それは、語学とコミュニケーション力を学ぶこと。

 私は語学を学ぶためと、コミュニケーション力を身につけるために、武蔵野学院大学に進学しました。将来、自分が進みたい道を考えると、勉強しておかなければと思ったんです。そして4年間、いろいろな経験をしながら考えてみたかったのです。

 国際コミュニケーション学部のネイティブの先生の授業は、はじめは聞きとることが難しかったですが、少しずつ理解できるようになってきたと思います。話す方も、発音を丁寧に直してもらえますから、少しずつですが上達を実感できています。先輩たちのお話を聞いていると、海外研修にも行ってみたいと思うようになりました。

 少人数クラスでの授業なので、ひとりひとりが英語をしっかり勉強できると思います。授業で先生に細かくチェックしてもらえるので、レベルアップできるんですよね。また、私は学友会にも入っていて、大学祭ではファッションショーを担当しました。授業だけではなく、先輩や仲間たちと過ごす時間も、大切にしていきたいと思っています。


武蔵野学院大学の英語教育はこちら

画像

 武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部 1年 中川原多聞 

画像

私にとっての国際コミュニケーション。

それは、ワクワクが満ちあふれていることです。

 

 福岡県出身の私は都心への憧れがありました。小さい頃に通っていた英会話教室での楽しさを今でも覚えていて、英語を勉強したくて武蔵野学院大学に進みました。福岡に比べて、やっぱり華やかですよね。はじめて東京の渋谷に遊びに行った時に、スクランブル交差点に衝撃を受けました。


 英語の授業では、はじめネイティブの先生の発音に戸惑いましたが、しばらくするとだんだん聞きとれるようになっていく自分がいるんです。話すのは難しいですが、少しずつ手応えを感じられるようになりました。将来のことはまだわかりませんが、できれば外国人の方と話せるような仕事に進みたいなと、考えています。

 一緒に上京してきた友人はいませんでしたが、とにかくワクワクが満ちあふれているんです。ひとり暮らしにも慣れてきたし、大学の授業にも慣れてきました。英語を話せるようになりたいという夢があれば、その思いは、きっと将来につながっているんですよね。


武蔵野学院大学の英語教育はこちら