あしたのあなたへ

あしたのあなたへ

このページでは2014年4月から西武池袋・新宿線で掲出しております車内広告における、キャッチコピーの解説をご紹介します。

  2015年度シリーズ

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

4年生 渡邊康介 ~私にとっての国際コミュニケーション。それは、航空業界で仕事をする夢を叶えたこと。~


登場して頂いたのは本学4年生の渡邊康介君。

この春から航空関係の会社で働くことが決まっている渡邊君。

社会に出て高めたいスキル、学生生活で得た貴重な経験、その中から渡邊君が後輩達や高校生に伝えたいこととは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

1年生 古閑芹菜 ~私にとっての国際コミュニケーション。 それは、少人数でのネイティブの英語の授業です。~


登場して頂いたのは本学1年生の古閑芹菜さん。

英語を勉強するために本学に入学した古閑さん。

ネイティブによる講義や、高校時代とは違ったスタイルでの講義に魅力を感じ学生生活を送る古閑さんが語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科  

1年生 柳 麻衣 ~私にとっての教育と福祉。それは、夢だった保育士を現実にすることです。~


登場して頂いたのは本学1年生の柳麻衣さん。

新潟県出身で地元を離れ、ホームシックにかかることもありながら、保育士としての道を一歩一歩歩んでいる柳さん。そんな柳さんが多忙だった1年間を振り返り語り、後輩達や高校生に伝えたいこととは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

1年生 安倍智輝 ~私にとっての国際コミュニケーション。それは、陸上部と英語の勉強の楽しい両立です。~


登場して頂いたのは本学1年生の安倍智輝君。

箱根駅伝出場目指し、日々練習に取り組んでいる安倍君。

日々の練習や寮生活、大学での講義を受講して今思うこと、そして、安倍君が語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

1年生 濱谷美彩 ~私にとっての国際コミュニケーション。 それは、語学とコミュニケーション力を学ぶこと。~


登場して頂いたのは本学1年生の濱谷美彩さん。

語学習得のために本学に入学した濱谷さん。

英会話講義を受講する中で上達を感じ、海外研修への参加にも積極的な気持ちが湧きはじめ、そんな中で濱谷さんが語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部  

1年生 中川原多聞 ~私にとっての国際コミュニケーション。それは、ワクワクが満ちあふれていることです。~


登場して頂いたのは本学1年生の中川原多聞君。

福岡県出身で語学習得のために本学に入学した中川原君。

地元を離れ、大学での講義はもちろん様々な体験を通して学生生活も充実してきて、そんな中で中川原君が語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

1年生 小林敦 ~私にとっての国際コミュニケーション。それは、英語で伝える楽しさです。~


登場して頂いたのは本学1年生の小林敦君。

国際的な世の中になっていくことを考え、本学に入学し、少人数での英会話講義を受けている小林君。

授業を受けて感じたこと、実践できたこと、そして、小林君が語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

1年生 青柳江美奈 ~私にとっての国際コミュニケーション。 それは、英語を活かせる仕事に就くことです。~


登場して頂いたのは本学1年生の青柳江奈美さん。

本学に入学し、元々苦手だった英語に対して前向きに取り組んでいる青柳さん。

苦手だった英語を前向きにさせた講義内容、そして、青柳さんが語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部  

Jeffrey Trambley准教授 ~私にとっての国際コミュニケーション。それは、英語を学ぶモチベーションを上げること。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部Jeffrey Trambley准教授。

少人数での英会話講義を担当しているeffrey Trambley准教授。

講義を行ううえで気をつけていること、語学を習得するうえで必要なものとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

3年生 渡辺亮平 ~私にとっての国際コミュニケーション。それは、世界中に友だちができることです。~


登場して頂いたのは本学3年生の渡辺亮平君。

昨年の海外研修でカナダのヨーク大学へ行った渡辺君。

海外研修に参加する前から語学習得に積極的に取り組み、実際に現地で自分の持っている力を発揮し感じたこと、そして、渡辺君が語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

3年生 石本智美 ~私にとっての国際コミュニケーション。 それは、実行委員長を務める秋の大学祭です。~


登場して頂いたのは本学3年生の石本智美さん。

昨年の海外研修でカナダのヨーク大学へ行った石本さん。

海外研修での経験を生かした今年の大学祭の構想、そして、石本さんが語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学・武蔵野短期大学 ゼロカフェ職員

中川理代子さん ~カフェのメニューで食べる世界旅行を。ここにも、国際コミュニケーションがあります。~


登場して頂いたのは本学ゼロカフェ職員の中川理代子さん。

昨年からゼロカフェで始まった「世界の料理week」。

このイベントを通じて学生達に感じてほしいこと、伝えたいこととは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

3年生 柴崎ありさ ~私にとっての国際コミュニケーション。それは、とりあえず行ってみる、ということ。~


登場して頂いたのは本学3年生の柴崎ありささん。

昨年の海外研修でアメリカのパインマナー大学へ行った柴崎さん。

昨年の経験から受験生や後輩たちに伝えたいこと、そして、柴崎さんが語る武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

2年生 飯嶋貴大 ~私にとっての国際コミュニケーション。 それは、英語を好きになる、きっかけです。~


登場して頂いたのは本学2年生の飯嶋貴大君。

今年の海外研修でアメリカのパインマナー大学へ行くことが決まった飯嶋君。

海外研修に行くにあたっての心境、そして、飯嶋君が語る武蔵野学院大学とは・・・ 

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科

2015年3月卒業 岡戸美波 ~私にとって教育と福祉を学ぶこと。それは、子どもたちの声を聞くことです。~


登場して頂いたのは今年3月に本学を卒業した岡戸美波さん。

昨年オーストラリアでの実習に参加した岡戸さん。

先生として働きはじめた岡戸さんが語るオーストラリアの保育、そして、武蔵野短期大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

2015年3月卒業 山本貴紀 ~私にとっての国際コミュニケーション。それは、みんなを行動で引っぱることです。~


登場して頂いたのは今年3月に本学を卒業した山本貴紀君。

授業と部活動を両立させ、それに加え学生生活の終盤は就職活動と慌ただしい学生生活を送った山本君。

4年間での様々な経験から語る、武蔵野学院大学とは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

2015年3月卒業 髙橋慎吾 ~私にとっての国際コミュニケーション。 それは、人との出会いが大好きなことです。~


登場して頂いたのは今年3月に本学を卒業した髙橋慎吾君。

3年次にビジネスコミュニケーションのゼミに入り、前向きな姿勢で就職活動に取り組んだ髙橋君。

就職活動を通して語る、武蔵野学院大学とは・・・ 

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科

2015年3月卒業 椙田遥香 ~私にとって教育と福祉を学ぶこと。それは、仲間たちと一緒に学ぶことです。~


登場して頂いたのは今年3月に本学を卒業した椙田遥香さん。

夢の実現のために、授業、実習、ピアノの練習と濃密な2年間を過ごした椙田さん。

この春から先生となる椙田さんが語る武蔵野短期大学とは・・・

解説はこちら



  2014年度シリーズ

学校法人武蔵野学院理事長・武蔵野学院大学学長

高橋暢雄学長 ~吹っ切ってる? ~


登場して頂いたのは、学校法人武蔵野学院理事長・武蔵野学院大学学長の高橋暢雄学長先生。

高橋暢雄学長先生は、小・中・高の12年間とは違い、「決められた枠」から解放された大学時代が一番楽しかったと語る。

高橋暢雄学長先生が現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

澤口俊之教授 ~モテる留学。 ~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部教授で、ホンマでっかTVでもおなじみの澤口俊之教授。

留学と恋愛。

まったく関係のないように見えるこの2つの行動は、脳科学的にはコインの裏表のような行動だと澤口教授は語る。

「内向き」な若者が増える昨今、澤口教授が現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・ 

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

Jeffrey Trambley准教授 ~話したいから。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部Jeffrey Trambley准教授。

Jeffrey Trambley准教授は、よく、その国に行って、その国の言葉をシャワーのように浴びると外国語が身につくという人がいますが、そんなことはないと語る。

多くの語学を習得した理由やその方法、今やっておくべきことを自らの経験を踏まえ、現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科

酒井幸子教授 ~正直、キツいけど。~


登場して頂いたのは、武蔵野短期大学幼児教育学科酒井幸子教授。

本学で教壇に立つ傍らで武蔵野短期大学附属幼稚園園長も兼任。

そんな酒井教授も大学卒業当時は幼稚園教諭を目指していなかったと語る。

企業を退社してまでも幼稚園教諭を目指した理由。

自らの体験を踏まえ、現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学名誉学長

大久保治男先生 ~自分の根っこを。~


登場して頂いたのは、武蔵野学院大学名誉教授の大久保治男先生。

大久保治男先生は、東京大空襲から奇跡的に一命を取り留めた際に「人の役に立つ人間になろう」と強く決心したと語る。

その思いからなぜ大学教員という仕事を選んだのか・・・

30年以上教育の現場に携わった経験を踏まえ、現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

青木雅幸教授 ~英語なんて。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部青木雅幸教授。

青木教授は、幼い頃に米軍兵舎で行われたクリスマスパーティーに参加し、そこでの体験は幼稚園児ながらに大きなカルチャーショックだったと語る。

この事をきっかけに語学を習得した青木教授。

自分自身の経験と、本学の海外研修参加学生の事例を踏まえ、現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

楊 華 専任講師 ~意思の強さで。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部 楊 華 専任講師。

楊華先生は、中国人から見ると日本人は地道にあきらめることなく進んでいく姿はどこの国にもない素晴らしい点だと語る。

そのうえで、日本の受験生に再認識してほしいことがあるという。

現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科

小山一馬准教授 ~ビビらないで。~


登場して頂いたのは、武蔵野短期大学幼児教育学科小山一馬教授。

小山准教授は、どうしても中学校や高等学校の美術の授業は出来栄えで評価されている。

でも、幼児教育者として子どもに教える時には、そこに力点を置いてはいけないと語る。

工作の指導を通じて幼児に本当に学んでほしいことを踏まえ、現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

佐々木隆教授 ~オタクになろう。~

登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部佐々木隆教授。

佐々木教授はシェイクスピアの研究に始まり、現在は日本が積極的に文化輸出するそのアイテムとしてのマンガやアニメを研究しており、研究の過程で文化を輸出するということは自国の文化と受け入れる国の文化の差を認識することが必要だと語る。

その上でマンガやアニメでもいいから何かに没頭するオタクが外国語習得のモチベーションになるという。

自身の研究過程から、現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

渡辺昇名誉教授 ~知識より教養を。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部渡辺昇名誉教授。

渡辺昇名誉教授は大学は社会人としての基礎を身につける場であり、知識の集積だけではなく教養を身につけてほしいと語る。

自身の研究課程、学生への指導から現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

金 春花 専任講師 ~飛び出せ日本!。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部 金 春花 専任講師。

高校を卒業した後、日本の大学に入学し、オーストラリアにも短期留学した金先生。

自身の経験から海外に行くということは、国際感覚を磨けるきっかけになると語る。

その経験を踏まえ、現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科

野村和准教授 ~そのワクワクを忘れないで。~


登場して頂いたのは、武蔵野短期大学幼児教育学科野村和准教授。

野村准教授自身は、中学生の頃本で出会ったサリヴァン先生への憧れが教育者としての自分の原点だという。

本学に入学してくる学生は保育園・幼稚園に通っていた時の先生への憧れや「子どもが好き」といったことが原点になっていることが多く、現場に立ったときに大変なことがあっても、その原点を思い出してほしいと語る。

自身の原点、経験を踏まえ現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

林 猛教授 ~誰でもないあなたへ。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部林猛教授。

林猛教授は日本人は歴史的にみるとダイナミックな民族だと語る。

日本人は単一民族で変化に乏しいと言われるが、歴史的にみると実はダイナミックな民族であり、それは近代にも脈々と息づいていると言う。

その上で現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

Helen Northeast専任講師 ~Go for your goal!~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部Helen Northeast専任講師。

カナダの大学で教鞭をとっていた時に、休暇を利用して来日し、想像していた以上に日本は素晴らしい国だと感じ、日本で教職につくこと決意したHelen Northeast先生。

カナダと日本の大学生を見てきたHelen Northeast先生は欧米の学生と比較しても日本の学生は自己主張や粘り強さの面からみて劣ることはないと語る。

両国の学生への指導経験から現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

上松恵理子准教授 ~世界は隣にある。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部上松恵理子准教授。

中学校と高等学校の教壇に立っていた上松恵理子准教授は普及が始まったデジタルの世界が教育にも大きな変化をもたらすと直感し、大学院へ進学されました。

多くの海外の学校を視察し、感じたことを踏まえ現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科

芳野道子教授 ~安心していい。~


登場して頂いたのは、武蔵野短期大学幼児教育学科芳野道子教授。

保育者を目指す受験生からピアノや歌への不安をよく耳にするという芳野道子教授。

しかし、保育者は音楽家ではない、もちろん音楽の基礎訓練も大切だが、それ以上に大切なものがあると語る。

自身の経験を踏まえ現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

梅田紘子教授 ~思い通りにならなくても。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部梅田紘子教授。

女性は卒業したら結婚するのが当たり前という時代の中、結婚をきっかけに大学院へ通うことになり、大学教員という途を選ぶこととなった梅田紘子教授。

自分自身も想像していなかった職についた梅田紘子教授は人生はどうなるかわからない、わからないから面白いと語る。

自身の経験から現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

久保田哲准教授 ~疑う苦しみ、疑う歓び。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部久保田哲准教授。

久保田哲准教授は通説とされていることに疑問を持ち、それとは異なる考え方や事象を見つけ出すのが真の研究者なのだと語る。

自身の研究を進めるなかで、高校生や大学生にチャレンジしてもらいたいことがあるという。

自身の研究、経験から現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学陸上競技部

笠間三四郎監督 ~目標の向こう側へ。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学陸上競技部笠間三四郎監督。

箱根駅伝出場を目標に日々本学陸上競技部の指導にあたる笠間三四郎監督。

笠間三四郎監督の指導者としてのモットーは「型にはめない」ことだと語る。

多くの選手を指導してきた経験から現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科

岡澤陽子准教授 ~絵本を読もう。~


登場して頂いたのは、武蔵野短期大学幼児教育学科岡澤陽子准教授。

大学卒業後、民放のテレビ局を経て、幼稚園教諭となった岡澤陽子准教授。

実際に現場に立った経験から、保育者を目指す学生に心がけてほしいことがあると語る。

自身の経験を踏まえ現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

高 宇 教授 ~肌で世界を感じて。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部 高 宇 教授。

大学時代に中国で日本の政治を研究していた 高 宇 教授。

来日した際に、その当時抱いていた日本の印象とは違っていて、驚かされたと語る

自身の経験から現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

高橋恵美子専任講師 ~つながりたいから。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部高橋恵美子准教授。

高橋恵美子先生は本学の海外研修で学生を引率するなかで、真の交流とは流暢な言葉から生まれるのではないと語る。

本学の海外研修参加学生の事例を踏まえ、生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部

鈴木陽子准教授 ~飛び込んでみよう。~


登場して頂いたのは武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部鈴木陽子准教授。

鈴木陽子准教授は、担当する授業での学生の様子を見るなかで、日常とは異なる空間で時を過ごす環境が英語へのハードルを低くすると語る。

授業での学生の行動の変化から現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら


武蔵野短期大学幼児教育学科

田尻真珠助教 ~耳を澄ませば、音が。~


登場して頂いたのは、武蔵野短期大学幼児教育学科田尻真珠助教。

田尻真珠先生は、保育者としてピアニストのような巧みなテクニックを身につけるのではなく、創造力や感性を身につけてほしいと語る。

日常に起こるものに対しての子供たちの反応から、現代に学ぶ生徒・学生に伝えたいメッセージとは・・・

解説はこちら