あしたのあなたへ

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部 鈴木陽子准教授

 飛び込んでみよう。

画像

異なる空間で

 法律に興味を持っていた私は、大学では法学部へ進学しました。

 大学では法制史のゼミに所属し、このゼミで重視されていたのが、研究の発表と共にその研究内容をプレゼンテーションする「寸劇」でした。法制史でありながら、発表のテーマは身近な事象を与えられ、それを劇の形で見せるのです。そこで学んだのは、座学だけでは学べないことがあるのだということでした。

 それは、現在、本学で私が担当している「国際交流」の授業にも役立っています。

 この授業は英語の習得を目的とし、今年度からは授業もすべて英語で行っています。

 授業のクライマックスは「はとバスツアー」。英語圏からの観光客向けのバスツアーに学生が参加するというものです。ツアー中の日本語の使用は一切禁止。普段の授業も英語で進めているのですが、はじめのうちは、バスから一歩も離れられない学生なども見受けられます。しかし、ツアーが進むにつれて、周囲の外国人観光客と会話する学生も増えていきます。

 ツアーという日常とは異なる空間で時を過ごす環境が、英語でのコミュニケーションをとることへのハードルが低くしていくのかもしれません。

 私たちの英語での学びの環境へ、皆さんも飛び込んでみてはいかがでしょうか。