トピックス | 2017年度

平成29年度「子ども大学さやま」第4回目講義

2017年12月 2日

平成29年12月2日(土)子ども大学さやま第4回目講義が行なわれました。

子ども大学とは・・・。

大学のキャンパスなどで小学校では学べないことを大学の先生などの専門家がわかりやすく教えるものです。

内容は

 ものごとの原理やしくみを追求する「はてな学」

 地域を知り、郷土を愛する心を育てる「ふるさと学」

 自分を見つめ人生や将来について考える「生き方学」 と3分野の講義を基本に行なわれるものです。

第4回目の講義は、武蔵野学院大学教授 髙橋恵美子先生による、「発見を探しに~博物館活用法~」【はてな学】でした。

 

最初に髙橋先生から博物館についての解説を聞いた後、子どもたちは、ドキドキしながらスクールバスに乗車し、狭山市立博物館に出発しました。博物館では、特別展示「Let’sキャリー展」が開催中で、昔の「ものをはこぶ道具」を実際にさわって体験ができます。グループごとで、子どもたちは大学生スタッフと一緒に楽しみながら、モッコをかついだり、かごを背負ったり、風呂敷で様々な包み方に挑戦したりしました。大学に戻って仕上げたワークシートからは子どもたちが、新しい道具を発見して楽しく学んだ様子がうかがえました。

   

講義風景の様子                         風呂敷のいろいろな包み方に挑戦!!

   

実際にモッコをかついでみました               かごを背負ってみました

少し重かったかな?

                              

                               実際に体験したことを、大学に戻って、ワークシートにまとめました

次回、第5回目は、12月16日(土)に行われます!!