短期大学概要 施設紹介

狭山キャンパス

狭山キャンパス
  • 一号館

    昭和56年4月竣工。事務室や研究室からなる事務棟と、主に短大幼児教育学科が使用する学生棟からなる。

  • 光風寮

    平成16年3月竣工。平成19年4月より、陸上競技部の寮、「光風寮」として使用されている。

  • 二号館

    平成3年4月竣工。主に国際コミュニケーション学部が使用する教室がある。

  • 日本文化実習室

    日本文化を体験する場として、クラブ活動などに利用されている。

  • 高橋記念講堂

    平成7年9月竣工。入学式・新入生歓迎会・大学祭・卒業式等で使用する。また地域の人々へも開放されている。
    別名TMホール。

  • 武蔵野神社

    武蔵野学院の守り神。おみくじも引ける。

  • 体育館

    平成12年5月竣工。
    体育授業等で使用する。

  • 屋内プール

    平成10年6月竣工。 幼稚園児用のもので、短大幼児教育学科の実習にも使用される。

  • zero cafe (食堂)

    平成3年4月竣工。売店を併設した光あふれるレストラン。

  • 図書館

    平成6年9月竣工。約7万冊の蔵書を有する緑に囲まれた図書館。
    キャンパスのシンボル的存在。

  • 総合グランド

    さまざまな競技に対応した総合グランド。キャンパスから徒歩3分。

  • 野外ステージ

    平成3年4月竣工。大学祭ではダンスやバンドライブなどのステージとなり、最後を締めくくる後夜祭も行われる。

  • 附属幼稚園

    昭和57年に短大幼児教育学科の附属幼稚園として開園。平成5年3月竣工の現在の園舎は、中世ヨーロッパの古城をイメージした外観。

  • 狭山の杜

    中高の林間学校の場として「お山の学校」の名で戦後長く親しまれていた地。豊かな自然を残す1万余坪の貴重な山林が広がる。

キャンパスバリアフリーマップはこちら


アウターキャンパス

箱根芦ノ湖レジデンス

昭和41年に開設された林間学舎。芦ノ湖を一望するすばらしい立地に加え、林間学校、クラブ合宿などに適した充実した施設を誇る。