短期大学概要 学長挨拶

学長挨拶

幼児教育学科の先生たち・・・心にかけ言葉をかけ手塩にかける
宮本 一史
武蔵野短期大学
学長・教授 宮本 一史

武蔵野短期大学は、2年という短い期間で幼稚園、保育園、施設等で働く「プロの先生」を養成する学校です。プロの先生の「子どもを見る目・子どもを育てる技」は、免許資格をもたない人より優れているはずです。子どもたちから慕われ、保護者から尊敬される先生になるためには勉強すること以外に道はありません。ですから、学生諸君は密度の高いカリキュラムの中で一生懸命勉強しています。

先生方は学生へのバックアップ体制をとり、すべての学生にきめ細かい指導をしています。その先生方の合言葉は、「学生一人ひとりに心をかける・言葉をかける・手塩にかける」です。学生の悩みごとに耳を傾け、共に悩み、あるときは夜遅くまで相談に乗ってくれる先生方も少なくありません。

このバックアップ体制を特徴づけるもうひとつのキーワードは「入学前から卒業後まで」です。受験前のオープンキャンパスでは、受験への不安、将来への展望など自分探しと進路選択上の相談です。ぜひ一度、キャンパスを訪れてみてください。合格後から入学までの期間には、大学内でピアノの練習もでき、指導も受けられます。他にも入学に備えてのさまざまな相談や実技指導も可能です。卒業後は就職先での保育上の悩み相談や研究相談、再就職の相談などもします。

平成24年度も、学生諸君の懸命な努力と教職員のサポートによって、就職を希望した学生全員が幼稚園・保育所等に就職を決めました。