学科紹介 学位・資格授与

資格紹介

武蔵野短期大学幼児教育学科では、教育と福祉の両方を学べます。取得できる資格は幼稚園教諭II種免許と保育士資格(国家資格)。授業や実習を通して、子どもの視点から物事を見、子どもと同じ時間を過ごし、子どもと同じ気持ちを感じとる -そうした共感のための感性をみがき、「子どものために」というあなたのそもそもの思いを支援していきます。

  • 幼稚園教諭2種免許

    幼稚園は、小学校・中学校・高校と同じように、学校教育法によって「学校」として位置付けられています。幼稚園教諭2種免許は、小学生より小さな子どもを教える「学校の先生」になるために必要な免許です。


    教職課程の情報公開

  • 保育士資格

    保育士資格は、保育所の先生になるための資格です。保育所は、保護者の都合などで十分に保育を受けられない子どもの「養護と保育」を目的とする、児童福祉法によって定められた「児童福祉施設」です。

  • 2つの免許・資格

    本学幼児教育学科では、卒業と同時に幼稚園教諭2種免許と保育士資格の両方を取得できます。そのためには多くの講義や演習、実習を通して学ぶ必要がありますが、本学では両方の免許・資格<両免>の取得を薦め、学生の多くは両免を取って卒業していきます。「学校」と「福祉施設」の違いはあっても3歳児以上の保育内容は共通していますし、「幼保一体化」 が進む今、幼稚園・保育所のいずれに就職するにしても、2つの免許・資格取得者が有利になるからです。

幼保一体化について

幼稚園と保育所は所管する官庁が異なりますが、施設の違いは小さくなり、少子化も進んでいることから、設備を統合して指導内容も統一しようという動きが進んでいます。