あしたのあなたへ

武蔵野短期大学幼児教育学科 芳野道子教授

 安心していい。

画像

保育者としての音楽

 子供の頃から歌うことが大好きだった私は音楽の道に進み、縁あって千葉県の公立中学校の音楽科教員として、教育に携わりました。中学校ではコーラス部やブラスバンド部の顧問として生徒を指導。そこでいろいろなことを学びました。楽曲の構成など音楽的な部分に関わるだけでなく、生徒と一緒に音楽を作っていき、生徒に音楽を奏でる楽しさを伝えていきました。その中で、私自身も「音楽が好きだ」という気持ちを再認識し、その大切さに気づかされたのです。

 保育者を目指している受験生から、「ピアノを弾いたことがないので不安です」とか「歌があまり上手じゃないのですが、大丈夫でしょうか」という声を聞きますが、心配ありません。それはむしろ伸びしろがあるということなのだと思います。

 大切なことは「初めの一歩」です。まずは自分自身がピアノを弾くことや歌うことを楽しいと思うこと、学生にそのような気持ちを持ってもらえるように支えていくことを心がけています。保育者は音楽家ではありません。音楽の基礎訓練は大切ですが、それ以上に、子どもと音楽をすることを楽しいと思う気持ち、そして子どもたちに音楽は楽しいと思わせるように接することが大切だと思います。その上で一生懸命に努力をすること。

 でも、一人きりで努力することは大変なことです。本学ではクラス制をとっており、入学直後に行われる箱根研修ではクラスの仲間と力を合わせて、課題に取り組みます。そこで生まれた結束力は固く、くじけそうになった時は教員のアドバイスだけでなく、クラスメイトの言葉が勇気を与えてくれます。仲間たちと一緒に2年間で幼稚園教諭と保育士資格の両方を取ってぜひ良い保育者として巣立ってください。