教育内容 | 中学校の教育について 武蔵野のICT教育

武蔵野のICT教育

授業の中にICT活用で更なる力を ~生徒全員にiPadを貸与~

 

 文部科学省は2011年4月に発表した「教育の情報化ビジョン」の中で、様々な文化と対峙するこれからの社会では、自分の考えや主張をはっきりと相手に伝え、理解してもらう力を身につける必要があり、それを指導していくことが不可欠であると明言しています。これは先に述べたように武蔵野が考える「現代社会を生き抜く力」のことを示唆しており、まさに国の教育に関する監督官庁が我が校の方針と同じ方向を向いていることを意味しています。
 そこで、こうした人材を育成するために期待されているのが、教育におけるICT活用なのです。ご存じのようにICTとは「Information and Communication Technology」の略称で日本語に訳すと「情報通信技術」となります。パソコンが使えるようになることを目的としていたIT(情報技術)にコミュニケーション(通信)の要素が入ったものだと考えて頂ければわかりやすいと思います。武蔵野中学校では授業の中でICTを活用することにより、新しい力を身につけて頂こうと考えています。
 まず、中学校に在籍している生徒一人一人に情報端末機「iPad」を貸与致します。これによって生徒同士の情報を共有し見せ合うことができ、その子の持つ創造力や表現力を伸ばしていくことが可能となります。そればかりでなく、「iPad」を情報端末機としてだけではなく、一種の文房具として位置づけ、辞書代わり・資料集代わり・ノート代わりと普段から持ち歩くものとして認識させることで、より最先端技術に慣れ親しませ、現代社会を生き抜くためのツールとして自由に使いこなせるようになってもらいたいと考えています。