教育内容 | 中学校の教育について 独自の英語プログラム「LTE」

武蔵野独自の英語プログラム「LTE」

『座学よりワークで』子どもたちを新しい時代へ導く英語教育です。

 武蔵野中学校では、2009年度より東京インターナショナルスクールなどで行われている「探求型プログラム」をもとに、日本国際教育センター(JIEC)と共同開発したプログラム(LTE: Learning Through English)で英語教育を開始しました。週6時間、ネイティブの先生と一つのテーマ(トピック)を英語で考え英語で発表する。文法的な項目ごとに英語を勉強していくのではなく、日頃のワークを通して文章の組み立て方や文法事項、英単語や文章表現を学んでいくので、自然な形で英語に慣れ英語が染み込んでいくようにプログラムが組まれています。その繰り返しの中で「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」ワーキングスタイルの授業が成り立っています。

毎日、圧倒的な英語のシャワーを子どもたちは浴びています。

 日本国際教育センター(JIEC)で高度な教育を受け、日本語や日本の教育事情にも精通した質の高い経験豊富なネイティブの先生の指導のもと、週6時間、中学校の3年間で600時間以上のネイティブの授業が確保されています。また、LTEでは英語で学ぶことを通じて、これからのグローバルな社会を生き抜くために必要な7つのスキル(Ideal Learner:下記参考)も身につくように開発されております。単なる英語の勉強ではなく、自らが使える言語の一つとして英語を身につけることができるのです。ネイティブの先生もクラス・学年活動全般に行動をともにし、子どもたちの行動パターンや個々の性格・タイプを見極め、一人一人に合ったきめ細かな授業を行っています

Ideal Learner(7つのスキル)
 LTEでは英語で学ぶことを通じて、これからのグローバルな社会を生き抜くために必要な7つのスキル(Ideal Learner)も身につくように開発されております。
Share : 共有する
Expresses ideas, thoughts and opinions. 自分のアイデア、考えや意見を分かち合うスキル Actively listens to and accepts other peoples' ideas, thoughts and opinions. 他の人のアイデア、考えや意見を積極的に聴き、受入れること
Explore : 探求する
Inquire into new ideas, thoughts and opinions. 新しいアイデア、考えや意見を探求するスキル Evaluate the new ideas and synthesis with prior knowledge. 新しいアイデアを、今までに知っている知識と照らし合わせ、評価すること
Present : 表現する
Communicate new knowledge in an articulate manner. 新たに知り得たことを、はっきりと伝えることができるスキル Use a range of appropriate media to communicate ideas. 様々なメディアから最もふさわしいメディアを使ってアイデアを伝えること
Try  : 挑戦する
Work hard and are actively participating and volunteering. 学びに対して誠実に取り組み、自ら関わっていくスキル Confident in new situations and are actively involved in the learning process. 様々な「学び」において、自信を持ち、積極的に関わっていくこと
Support  : 助け合う
Creating positive and safe environment. 前向きで安心した状況を作り出すスキル Helping and encouraging others around them. 周囲の人を助け、元気づけること
Self-Manage : 自己管理
Be organized and take ownership of their own learning process. 主体的に計画性を持って、学習を進めるスキル Set achievable goals and work towards them. 到達できるゴールを設定し、それに向かって努力をすること
Reflect : 自分を振り返る
Accesses their understanding and identifies the next learning step. 自分自身がどこまで理解したのかを自覚し、次に何を学ぶべきかがわかるスキル Identifies how their beliefs have developed from the exploration of new knowledge. 新しい知識に触れることにより、どのように自分の考えが変わったかを自覚できること

習うより慣れよ

 授業は基本的に英語で行われます。もちろん、入学当初は英語のみの授業にとまどうかもしれませんが、ピクチャーカードやスライドなど、教員オリジナルの視覚教材を使うので、自然と英語の環境に慣れてきます。まずは耳から、次に文字、そして文章という段階を重ねていきます。学習が進むにつれ、難しい表現が出てきた際は、教員の指示で辞書やネットブックで単語の意味を調べ、少しずつ語彙を増やしていきます。

テーマ学習について

 既成の教科書は使いませんが、授業でとりあげるテーマやトピックについては、教員オリジナルのプリントや小冊子を使用します。新しいトピックについての授業の進め方や目標、評価基準は、事前に生徒、保護者にお知らせします。トピックについて、生徒はそれぞれ自由な発想や考えを持ち、最終的には自分の意見を発表することにより、自信を持ち、見聞を広げ、周りの世界に対し共感する姿勢が形成されます。

授業風景

  • 教員がトピックについて、ピクチャー カードを使って説明している。

    教員がトピックについて、iPadを使って
    説明している。

  • 授業中の生徒の様子。生徒が質問に 答えているまたは発言している。

    授業中の様子。外国人講師と生徒との
    やりとり。

    • ゲームをしている写真。時にはゲーム を通して楽しく文法事項を身につける

      プレゼンテーションの授業風景
      準備・構成・企画全て自分で行います。

    •   授業中の生徒の様子。 自ら英語を考える力が身に付きます。

        授業中の生徒の様子。
        自ら英語を考える力が身に付きます。

      • 教室にある文法の参考書や本の写真。 英語に興味を持つようになったら、 自然と本や参考書に手が伸びます。

        教室にある文法の参考書や本の写真。
        英語に興味を持つようになったら、
        自然と本や参考書に手が伸びます。

      • 夏の箱根林間学校での英語による イマージョン教育の写真。 理科の授業を英語で行いました。

        箱根林間学校でのEnglish Orientation 
        Gameの光景。先輩後輩が協力して
        取り組みます。