ニュース | 2017年度

高校水泳部 ワールドカップ結果報告

2017年11月16日

高校水泳部 ワールドカップ結果報告

11月14日(火)・15日(水)に東京辰巳国際水泳場で行われた「FINA/airweave Swimming World Cup 2017 Tokyo 兼 第59回日本選手権(25m)水泳競技大会」が終了しました。
エントリーしていた谷頭聖さん(3年1組)と有賀寧々さん(2年2組)も健闘しましたが、世界の壁はやはり厚かったです。
結果は、
谷頭さん
女子100m自由形 :56秒42 (16位)
女子200m自由形 :2分02秒78(45位)
有賀さん
女子50mバタフライ:27秒80(53位)
でした。
スペイン,イギリス,アメリカ,中国といった、世界各国の代表選手やオリンピックメダリストと競い合った経験を今後も活かしていきたいと思います。
なお、本校卒業生の中村克先輩は男子50m自由形,男子100m自由形(銅メダル)で短水路日本新記録を樹立致しました。
また、青木玲緒樹先輩は女子200m平泳ぎで銀メダル獲得。
渡部香生子先輩は女子100m平泳ぎで銅メダルを獲得する活躍を見せてくれました。
各国のメダリストが世界基準で活躍する中、東京オリンピックに向けて本校の卒業生たちも世界にインパクトを残してくれました。
今回貴重な経験をした谷頭さんが、
「今回はワールドカップ出場しただけ、という結果に終わってしまいました。しかし、世界のトップ選手の力を見て、まだまだ鍛え足りないと感じることができました。
日本代表選手が出場する試合で自分も結果を残していきたいと強く決意出来ました。先輩方の活躍からも刺激を受けましたし、次の試合に向けてレベルアップしていきます。」
と感想を述べています。
次の大会は来週21日(火)〜26日(日)に東京スイミングセンターで行われる「第49回東京スイミングセンタージュニア優秀選手招待公認記録会」です。
全国大会であるこの大会で結果を残すべく練習に励んでいる水泳部へのご声援、宜しくお願い致します。