本学の特徴 2019年4月、カリキュラム改革

2019年4月、カリキュラムが変わります

2019年、カリキュラムが変わります

本学で行ってきた少人数制の英語教育。

これをさらに活性化させるため、2019年4月より実践的で「使える英語」を身につけ、国際社会に通用する人材を養成するカリキュラムに生まれ変わります。

新カリキュラム・3つの特徴

新カリキュラム・3つの特徴

1. 英語の講義がさらに充実

英語の講義がさらに充実

少人数制かつ習熟度別のクラス編成にあらわれているように、英語の講義が充実している点こそ、本学の特徴です。今回のカリキュラム変更によって、そのような講義がさらに充実し、1・2年次での履修時間が約400時間から約600時間に増加します。

2. より実践的な英語講義

より実践的な英語講義

航空業界や観光業界で用いられる実務的な英語を扱う講義や、通訳英語などの講義が新設されます。さらに、TOEICなどの外部試験への対策講座も増加。

「社会で、本当に使える英語」が本学では学べます。

3. その他の語学講義の充実

その他の語学講義の充実

韓国語やフランス語の講義が倍増します。

これまでの中国語に加え、これらの語学の講義がさらに充実し、多言語を駆使できる「国際人」を目指せるカリキュラムになります。

ページの先頭へ戻る

カリキュラム

カリキュラム

□基礎科目

区 分 授業科目の名称 配当年次 単位数 授業形態
または
時間数
必修 選択
文化 歴史と文学 1・2   2 講義
伝統と文化 1・2   2 講義
倫理学 1・2   2 講義
社会 現代社会論 1 1・2   2 講義
(日本国憲法を含む)
現代社会論 2 1・2   2 講義
現代社会論 3 2・3   2 講義
現代社会論 4 3・4   2 講義
科学 環境と科学 1・2   2 講義
情報処理入門 1・2   2 演習
情報リテラシー 1・2   2 講義
スポ
ーツ
こころとからだ 1・2   2 講義
スポーツ 1 1・2   1 実習
スポーツ 2 2・3   1 実習
スポーツと健康 2・3   2 演習
総合科目 基礎英語 1 1 2   演習
基礎英語 2 1 2   演習
中国語 Ⅰ 1・2   2 演習
韓国語 Ⅰ 1・2   2 演習
フランス語 Ⅰ 1・2   2 演習
キャリアデザイン 1 1 2   講義
キャリアデザイン 2 1 2   講義
キャリアデザイン 3 2 2   講義
キャリアデザイン 4 2 2   講義
キャリアデザイン 5 3 2   講義
キャリアデザイン 6 3 2   講義

「キャリアデザイン6」の名称は変更する場合があります。

□専門科目

区分 授業科目の名称 配当年次 単位数 授業形態
または
時間数
必修 選択
言語
理解
科目
English Reading & Writing 1 1 2   演習
English Reading & Writing 2 1 2   演習
English Listening & Speaking 1 1 2   演習
English Listening & Speaking 2 1 2   演習
Advanced English Reading & Writing 1 2   2 演習
Advanced English Reading & Writing 2 2   2 演習
Advanced English Listening & Speaking 1 2   2 演習
Advanced English Listening & Speaking 2 2   2 演習
通訳英語 3・4   2 演習
試験英語 1 1・2   2 演習
試験英語 2 1・2   2 演習
試験英語 3 2・3   2 演習
試験英語 4 2・3   2 演習
Communication English Skills 1 1 2   演習
Communication English Skills 2 1 2   演習
Communication English Skills 3 2 2   演習
Communication English Skills 4 2 2   演習
Communication English Skills 5 2 2   演習
Communication English Skills 6 2 2   演習
英語討論 3・4   2 演習
実務英語 1 2・3   2 演習
実務英語 2 2・3   2 演習
実務英語 3 3・4   2 演習
英語学概論 2・3   2 演習
英語文学 2・4   2 演習
英書講読 1 3・4   2 演習
英書講読 2 3・4   2 演習
Academic Writing 3・4   2 演習
中国語 Ⅱ 1・2   2 演習
中国語 Ⅲ 2・3   2 演習
中国語 Ⅳ 2・3   2 演習
韓国語 Ⅱ 1・2   2 演習
韓国語 Ⅲ 2・3   2 演習
韓国語 Ⅳ 2・3   2 演習
フランス語 Ⅱ 1・2   2 演習
フランス語 Ⅲ 2・3   2 演習
フランス語 Ⅳ 2・3   2 演習
日本語 Ⅰ ※ 1・2   2 演習
日本語 Ⅱ ※ 1・2   2 演習
日本語 Ⅲ ※ 2・3   2 演習
人間
理解
科目
デジタルコンテンツ演習 1 1・2   2 演習
デジタルコンテンツ演習 2 1・2   2 演習
モバイル・コミュニケーション 1・2   2 講義
異文化コミュニケーション 2・3   2 講義
プレゼンテーション技術 1・2   2 講義
非言語コミュニケーション論 1・2   2 講義
ポップカルチャー論 1・2   2 講義
社会学概論 1・2   2 講義
教育心理学 1・2   2 講義
社会心理学 2・3   2 講義
教育社会学 2・3   2 講義
社会福祉 1・2   2 講義
ビジネス・コミュニケーション 1・2   2 演習
教職概論 1・2   2 講義
教育原理 1・2   2 講義
教育行政学 3・4   2 講義
道徳教育の指導法 2・3   2 講義
特別支援教育 2・3   2 講義
インターンシップ 2・3   2 実習
ボランティア 2・3   2 実習
日本
理解
科目
日本文化論1 1・2   2 講義
日本文化論2 2・3   2 講義
日本文化論3 2・3   2 講義
日本社会論1 1・2   2 講義
日本社会論2 1・2   2 講義
日本社会論3 2・3   2 講義
日本語教育史 3・4   2 講義
日本の伝統文化 3・4   2 演習
国際
理解
科目
国際コミュニケーション 1・2   2 講義
国際関係 3・4   2 講義
国際政治史 1・2   2 講義
国際金融 3・4   2 講義
国際文化交流 1・2   2 講義
地域文化事情 1 1・2   2 講義
地域文化事情 2 1・2   2 講義
地域文化事情 3 1・2   2 講義
地域文化事情 4 2・3   2 講義
地域文化事情 5 2・3   2 講義
地域文化事情 6 2・3   2 講義
海外研修 2・3   6 実習

※日本語Ⅰ~Ⅲは留学生・帰国子女および日本以外の国籍を有する者のみが履修できます。

□専門ゼミ科目

区 分 授業科目 配当年次 単位数 授業形態
または
時間数
必修 選択
国際
コミュニケーション関連ゼミ
演習 1 3 2   演習
演習 2 3 2   演習
演習 3 4 2   演習
演習 4 4 2   演習

教育課程の再課程認定申請中のため、一部の科目に変更の可能性があります。

ページの先頭へ戻る

履修方法

○卒業要件/124単位以上
区分 必修 選択必修 卒業要件単位
基礎科目 文化   4 20単位以上
社会  
科学  
スポーツ  
総合科目 16
専門科目 言語理解科目 20 4 60 96単位以上
人間理解科目   4
日本理解科目   4
国際理解科目   4
専門ゼミ科目 国際コミュニケーション関連ゼミ 8     8単位
合計 44 80 124単位以上
ページの先頭へ戻る