Teacher

高橋 恵美子

高橋 恵美子 Emiko Takahashi

職位教授・教職センター長
研究分野歴史学
所属大学国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科
大学院国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻
博士前期課程
国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻
博士後期課程
担当授業大学海外研修、日本文化論1、演習1・2・3・4
大学院[博士前期課程]
日本文化特殊講義1、日本文化特殊演習1、研究指導1~4
[博士後期課程]
日本文化特殊研究1、 (研究指導)
学位博士(文学)
所属学会軍記と語り物研究会、日本女子大学史学会
最終学歴平成17年 日本女子大学大学院 文学研究科 史学専攻
博士課程後期修了
職歴平成12年4月~平成15年3月 総本山醍醐寺霊宝館学芸員(非常勤・東京勤務)
平成15年4月~平成17年3月 日本女子大学文学部 非常勤講師
平成17年4月~平成20年3月 東京大学史料編纂所 研究機関研究員
平成20年4月~平成23年3月 武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 専任助教
平成23年4月~平成27年3月 武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 専任講師
平成27年4月~平成29年3月 武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 准教授
平成28年4月~令和3年3月   武蔵野短期大学幼児教育学科 兼任講師
平成29年4月~現在に至る  武蔵野学院大学 国際コミュニケーション学部 教授
平成29年10月~令和3年3月 武蔵野大学非常勤講師
社会活動平成25年11月~令和元年11月 埼玉県狭山市立博物館協議会委員
平成30年度~令和元年度 武蔵野大学生涯学習講座 講師
令和3年4月~現在に至る   埼玉県狭山市文化財保護審議会委員
現在の研究テーマ日本中世史料機能論
研究紹介日本中世における武士の自己意識と軍記物の意義について
研究している。
研究キーワード日本中世史、軍記、家伝
主な研究業績〔著書〕
・『中世結城氏の家伝と軍記』(勉誠出版、平成22年10月)
〔学術論文〕
・「新渡戸稲造著『武士道』における武士の姿」(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第12輯、平成27年3月)
・「山本常朝の語る「武士たる者」-『葉隠』聞書第一・第二を中心に-」(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第13輯、平成28年3月)
・「中世武家文書における仮名使用の変遷-鎌倉期を中心に」(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第14輯、平成29年3月)
・「中世軍記史料における料紙表現-『平家物語』諸本を中心に」(『古文書料紙論叢』勉誠出版、平成29年)
・「『平家物語』諸本における料紙表現」(『武蔵野学院大学大学院研究紀要』第9輯、平成30年3月)
・「中世武家文書における仮名使用に関する一考察-足利氏を中心に」(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第15輯、平成30年3月)

・「家伝史料『結城軍記』諸本の相関関係-『小山記』『長沼記』と対照して-」(『軍記物語講座 第四巻 乱世を語り継ぐ』花鳥社、令和2年)

ホームページなし
メールアドレスemiko.takahashi@u.musa.ac.jp

教員一覧へ戻る