Teacher

久保田 哲

久保田 哲 Satoshi Kubota

職位教授
研究分野政治学、歴史学
所属大学国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科
大学院国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻
担当授業大学日本社会論1(政治と歴史)、日本社会論3(思想と宗教)、
演習1~4
大学院[博士前期課程]
日本政治特殊講義、研究指導1~4
[博士後期課程]
日本文化特殊研究1 (研究指導補助)
学位博士(法学)
所属学会日本政治学会、日本公共政策学会、日本法政学会、法制史学会、
明治維新史学会、日本選挙学会、慶應法学会、福澤諭吉協会
最終学歴2010年 慶應義塾大学大学院 法学研究科 政治学専攻
後期博士課程単位取得退学
職歴2008年4月~武蔵野短期大学 兼任講師
2009年4月~2010年3月 武蔵野学院大学 日本総合研究所 研究員
社会活動2015年4月~武蔵野大学政治経済研究所 客員研究員
現在の研究テーマ近現代日本政治史、議会制度、立法
研究紹介近現代日本の立法概念の実相、
帝国議会や国会の評価などについて研究している。
研究キーワード元老院、公議政治、立法、帝国議会、国会
主な研究業績(最新のもの13点まで)
〔著書〕
・『元老院の研究』(単著)(慶応義塾大学出版会、2014年)
・『グローバル化と日本の政治・経済』(共著)(芦書房、2014年)
・『なぜ日本型統治システムは疲弊したのか』(共著)(ミネルヴァ書房、平成2016年)
・『帝国議会-西洋の衝撃から誕生までの格闘』(単著)(中央公論社、2018年)
・『歴史の中の人物像-ふたりの日本史』(共著)(小径社、2019年)

・『明治十四年の政変』(単著)(集英社インターナショナル、2021年)
〔学術論文〕
・「伊藤博文における議会と予算」(『法学研究』第90巻第9号、2017年9月)
・「近代日本における『宗教』の変容」(『武蔵野学院大学日本総合研究所紀要』第16輯、2019年3月)
・「研究史にみる明治14年の政変と福澤諭吉」(『福澤手帳』第181号、2019年6月)
・「近代日本における公共空間の変容-芝公園を題材に」(『武蔵野学院大学日本総合研究所紀要』第17輯、2020年3月)

・「元老院国憲案に対する政治史的再考」(『自由民権』、2020年3月)

〔学会報告〕
・「伊藤博文の帝国議会構想」(日本選挙学会2017年度研究会、2017年5月)
〔その他〕
・「意外と暴力的だった明治・大正の議会」(『現代ビジネス』、2020年10月)

ホームページ
メールアドレスsatoshi.kubota@u.musa.ac.jp

教員一覧へ戻る