Teacher

佐々木 隆

佐々木 隆 Takashi Sasaki

職位副学長・研究科長・教授
研究分野英語文学、文化交流、ポップカルチャー、英語教育
所属大学国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科
大学院国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻
博士前期課程
国際コミュニケーション研究科 国際コミュニケーション専攻
博士後期課程
担当授業大学英米文学史、英語文学、国際文化交流、ポップカルチャー論、
英書講読、英書購読1、英語科教育法Ⅰ・Ⅱ、
総合的な学習の時間の指導法
大学院〔博士前期課程〕
国際文化交流特殊講義、研究指導1~4
〔博士後期課程〕
国際文化交流特殊研究、研究指導
学位文学士、文学修士、博士(英文学)
所属学会World Shakespeare Bibliography国際委員日本代表、
日欧比較文化研究会会長、比較文化史学会常任理事、
日本英語文化学会理事、日本ワイルド協会会員、
日本英文学会会員、コンテンツ文化史学会会員 他
最終学歴昭和62年3月
駒澤大学大学院 人文科学研究科 英文学専攻 博士後期課程満期退学
職歴平成15年4月~平成16年3月 武蔵野短期大学国際教養学科教授
平成16年4月~現在に至る 武蔵野学院大学教授
平成19年4月~現在に至る 武蔵野学院大学大学院教授
社会活動平成21年度~現在に至る 教員免許状更新講習講師
平成24年度~現在に至る 早稲田大学坪内博士記念博物館招聘研究員
平成26年1月・平成28年10月・令和元年12月 子ども大学さやま講師
平成27年度~現在に至る 狭山市総合計画審議会委員
平成29年11月 NPO法人子ども大学かわごえ講師
平成30年11月~現在に至る 中国湖南省日本文化研究所招聘専門家
現在の研究テーマ日本におけるシェイスクピア受容研究、
日本におけるワイルド受容研究、英語教育、ポップカルチャーと若者
研究紹介英米文学が日本にどのように受容されたのかを幕末からの動向に注目しながら、国際文化交流、日本英学史の視点から考察している。最近は、日本のハロウィンやポップカルチャーにも注目している。
研究キーワードシェイクスピア、ワイルド、英語教育、文化交流、
ポップカルチャー、パブリック・ディプロマシー、若者文化
主な研究業績(最新のもの13点まで)
〔著書・共著〕
・『書誌から見た「オタク」研究』(多生堂、令和元年10月)
・『ポップカルチャーとオタク文化の微妙な関係 追加増補版』(武蔵野学院大学佐々木隆研究室、令和2年4月)
・『新版ネイティブ英会話フレーズ集3400』(監修) (西東社、令和元年5月)

・『「ハロウィーン」とは何か。(前編)(後編)(武蔵野学院大学佐々木隆研究室、令和3年4月)

・『書誌から見た「オタク」研究』(前編)(中編)(後編)(名生堂、令和3年5月)

〔学術論文等〕
・「日本のハロウィン今昔物語:明治時代に紹介されたハロウィンン」(『ポップカルチャー・若者文化研究』第1号、ポップカルチャー・若者文化研究会、令和2年2月)
・「日本ハロウィン受容小史」(『武蔵野学院大学日本総合研究所研究紀要』第17輯、武蔵野学院大学日本総合研究所、令和2年3月)
・「小林政広監督『海辺のリア』に関する一考察」(『武蔵野学院大学大学院研究紀要』第13輯、武蔵野学院大学、令和2年3月)

・「英訳漫画から見る英語表現の一考察ー『のだめカンタービレ』と『鬼滅の刃』を事例としてー(『新教育課程教育研究』第20号、武蔵野教育研究会、令和2年11月)

・「英訳マンガから見る英語表現の一考察ー『美少女戦士セーラームーン』と『名探偵コナン』を事例としてー(『新教育課程教育研究』第21号、武蔵野教育研究会、令和2年12月)

・「COVID-19下における特別活動」(『新教育課程教育研究』第22号、武蔵野教育研究会、令和3年4月)

〔学会発表等〕
・「『広辞苑』(第7版)に見るポップカルチャーの台頭」(比較文化史学会、国士舘大学梅が丘校舎34号館3階A308教室、平成30年2月27日)

ホームページhttps://ssk.econfn.com/
メールアドレスssk2000takashi@yahoo.co.jp

教員一覧へ戻る