本学の特徴 | 教員紹介

鈴木 陽子 Youko Suzuki

職位 准教授
研究分野 憲法学
所属 大学 国際コミュニケーション学部 国際コミュニケーション学科
大学院 -
担当授業 大学 現代社会論4(法と生活)、日本社会論2(法と社会)、演習1~4、地域文化事情6(アメリカ)、海外研修
大学院 -
学位 修士(法学)
所属学会 日本公法学会、憲法学会、日本国際政治学会、東洋大学公法研究会、他
最終学歴 平成9年3月 駒澤大学大学院 法学研究科 修士課程修了
職歴 平成10年4月~平成17年3月 武蔵野短期大学専任講師
平成17年4月~平成25年3月 武蔵野学院大学専任講師
平成25年4月~現在に至る  武蔵野学院大学准教授
平成24年4月~平成29年3月 近畿大学九州短期大学非常勤講師
平成25年4月~平成27年3月 高崎経済大学非常勤講師
平成27年4月~現在に至る  芝浦工業大学非常勤講師
平成29年4月~現在に至る  玉川大学非常勤講師
平成29年9月~現在に至る  高崎経済大学非常勤講師
社会活動 平成25年4月~現在に至る   東洋大学アジア文化研究所客員研究員
平成26年4月~現在に至る   東洋大学現代社会研究所客員研究員
平成29年10月~現在に至る  憲法学会理事
平成30年4月~現在に至る   埼玉県情報公開審査会委員
現在の研究テーマ 権力分立の現代的変容
研究紹介 1990年代以降、行政概念の積極的定義の試みとして導入された「執政」を、単に内閣の権限としてとらえるのではなく、どのように権力分立において位置づけられるかについて、またアメリカ大統領が発するstatementが果たす役割や機能、項目別拒否権法をめぐる判例など、議会と大統領の関係について同じく権力分立の現代的変容の観点から研究している。
研究キーワード 権力分立、執行権、行政権、veto、line item veto、signing statements.
主な研究業績 〔著書〕
・『公法基礎入門〔改訂増補第2版〕』(共著)(八千代出版、平成27年)
・『ファンダメンタル法学・憲法』(共著)(税務経理協会、平成25年)
・『資料でみるからよくわかるトピックスくらしの法』(共著)(芦書房、平成13年)
〔学術論文〕
・「アメリカ合衆国大統領の議会との関係においてsigning statementが果たす機能の可能性」(『研究報告人文系編』芝浦工業大学、平成29年3月)
・「権力分立と執政―執政に対するコントロールの可能性の検討」(『憲法研究』第48号、平成28年6月)
・「スポーツルールにおける安全・危機・管理システム―馬術競技における安全・危機管理ルールについて」(『スポーツの現代的課題』プロジェクトペーパー7号、東洋大学現代社会総合研究所、平成28年6月)
・「執政説と法律執行説の差異―日本国憲法における執政の位置づけを中心として」(『武蔵野学院大学研究紀要』第12輯、平成27年4月)
・「憲法解釈論争-1912年-」(学校法人武蔵野学院『創立百周年記念誌』、平成24年6月)
・「日本における『執政権』の導入と権力分立論-学説における『執政権』の整理とその配分について-」(『武蔵野学院大学研究紀要』第11輯、平成26年5月)
〔研究発表〕
・「アメリカ大統領の権限行使に関する協働の可能性―signing statementsの検討」(東洋大学公法研究会、平成28年7月)
・「日本国憲法における執政作用の構造と執政概念」(東洋大学公法研究会、平成26年12月)
・「権力分立と執政―執政に関する見解の検討」(第113回憲法学会、平成27年6月)
・「スポーツルールにおける安全・危機管理システム」(「スポーツの現代的課題」第1回研究会東洋大学現代社会総合研究所、平成27年12月)
ホームページ
メールアドレス yohko.suzuki@u.musa.ac.jp
教員一覧へ戻る