短期大学概要 教育方針

教育方針・教育理念

武蔵野短期大学の入学を考えている皆さん、あるいはすでに入学している皆さん。本学は子育て支援の理念を根底に置きながら、幼稚園教諭及び保育士を養成する短期大学です。これから本学に入学する人には本学のことをより理解していただき、すでに入学している人には、初心を思い起こしさらに、卒業後のイメージをより確かなものにしていただきたいと考えています。

校訓

「他者理解」

教育理念

「すべてを子供のために」
2年間で豊かな教育と確かな福祉を学ぶ

子どもの教育と福祉の世界は大きな変革期を迎えています。少子化の進展、幼児虐待や家庭内暴力(DV)の急増、保育士の国家資格化、幼稚園・保育所の役割の多様化、幼保一元化に向けての流れ。本学ではこうした変革の波に対応できる力を身に付けます。そうした力の源(みなもと)は、「すべてを子どものために」という思いです。武蔵野短期大学幼児教育学科では、そんなあなたの思いを支援していきます。

教育方針

  • 1. 広い視野に立ち、自己の人生に思いを巡らし、人間として真に自覚ある女性を養成する。
  • 2. 深い愛情と使命感をもち、信念をもって職務にあたる保育者を養成する。
    3. 保育者として自らの学習成果を発揮できるよう、知的学習と実践的学習の調和と統合を 図る。
    4. 計画、実行、評価、改善のサイクルにより、保育者として学びつづけられるよう、基礎的研究能力と研究態度を身に付けさせる。

教育の理念と養成する人材像

 少子高齢社会の中で教育や福祉への関心が高まっています。今求められるのは、教育や 福祉を社会と関連づけて捉える力を有し、国際感覚などの現代的感覚をもった女性です。 本学では、自分の目で状況を認識し、自身で判断ができ、自らの行動を律することができる「自覚ある女性」、そして時代の要請に応えられる専門的知識と技術を身に付けた保育者 の育成を目指しています。
 そのために、以下を重視したカリキュラムを編成し人材養成を行っています。

  1. ・ 広い視野に立ち、自己の人生に思いを巡らし、人間として真に自覚ある女性を養成する。
  2. ・ 深い愛情と使命感をもち、信念をもって職務にあたる保育者を養成する。
  3. ・ 保育者として自らの学習成果を発揮できるよう、知的学習と実践的学習の調和と統合を図る。
  4. ・ 計画、実行、評価、改善のサイクルにより、保育者として学びつづけられるよう、基礎的研究能力と研究態度を身に付けさせる。

入学受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

武蔵野短期大学幼児教育学科では、建学の精神「他者理解」に基づき、人間として真に自覚ある女性を育成するという本学の教育目的の達成に向けて、以下のような者の入学を期待している。

【求める人物像】
1.幼稚園教諭2種免許状及び保育士資格を取得し、卒業後は子どもに関わる職業に就きたいという意欲のある者
2.(知識・技能)教育・福祉の学修に必要な基礎学力を備えている者
3.(思考力・判断力・表現力)幼児教育者・保育士を目指すために自らの考えを持ち、表現できる者
4.(主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度)幼児教育者・保育士を目指すための基本的コミュニケーション能力を備え、「他者理解」の体現に向けて努力する意欲のある者

【入学者選抜方法】
武蔵野短期大学では、幼児教育者・保育士を目指す多彩な学生の受け入れを図るべく、多様な入学者選抜方法を設ける。上記の「求める人物像」を踏まえ、以下の評価方法で各選抜方法を実施する。

①総合型選抜  基礎的な学力や、思考力、表現力を審査するために、小論文や技能的課題を課す。また、意欲や主体性・協働性を審査するため、調査書を踏まえた面接を行う。
②学校推薦型選抜  基礎的な学力や主体性、協働性を審査するため、調査書・推薦書の内容を選抜の基礎資料として用いる。また、思考力や判断力を審査するため、口頭試問を行う。
③一般選抜  一般選抜入試では、基礎的な学力や思考力を審査するため、個別学力検査(国語総合)を課す。また、主体性や協働性審査するため、調査書を踏まえた面接を行う。
④その他選抜  各選抜では、基礎学力や思考力、表現力を審査するため、個別学力検査や小論文、技能課題などを課す。また、主体性や協働性を審査するため、調査書を踏まえた面接等を行う。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)(2020度までの入学生は「履修の手引」を参照)

武蔵野短期大学幼児教育学科では、アドミッション・ポリシーに示した資質能力を踏まえ、ディプロマ・ポリシーの達成のために、以下のカリキュラム・ポリシーに基づいて教育課程を編成する。

1.幼稚園教諭2種免許状及び保育士資格の取得に関する科目による、幼稚園教諭・保育士養成課程を編成する。
2.教育・福祉に関する専門的知識や技能の習得、職業人としての態度の育成のために、「基礎科目(教養科目)」と「専門科目」を体系的・系統的に配置する。配置については、科目内容の分野や関連性に基づく履修系統図の作成により、学生が科目の体系性・系統性を理解できるようにする。
3.実践的能力の育成のために、「専門科目」における「技術、領域、指導専門科目」の中に表現技能を習得する科目を配置する。
4.建学の精神を理解し、社会性や学ぶ力を身に付けるため、また知識や技能を活用した課題解決能力の育成のために「総合科目」を配置する。

卒業認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)(2020度までの入学生は「履修の手引」を参照)

武蔵野短期大学幼児教育学科では、武蔵野短期大学学則第26条に示す卒業要件を満たし、かつ、建学の精神「他者理解」に基づき、人間として真に自覚のある女性を育成することを目的として、以下に示す力を身に付けていると判断した学生に、短期大学士の学位を授与する。

1.(知識・理解) 教育・福祉に関する基本的な知識への理解
2.(汎用的技能) 教育・福祉に関する実践的能力と職業的自覚をもち、多様化する社会的要請に対応できる能力
3.(態度・志向性) 他者と協調・協働して行動し、使命感をもって社会に貢献できる資質や能力
4.(総合的な学習経験と創造的思考力) 獲得した知識や技能を活用し、自ら課題を的確に捉え、課題解決に向けて探求する能力