入試案内 入学相談室

入学相談室

受験生の不安に先輩がお答えします

Q. ピアノに自信がないのですが、大丈夫ですか?

A. 「私もピアノ初心者で入学しました。授業はそれぞれの力に合わせて指導をしてくれますし、能力別に補講も組んでもらえます。最初は頑張っても頑張っても上達していない気がして辛かったですが、気づいたら何とか両手で弾けるようになり、練習が楽しくなりました。少しずつですが必ず上達するのがピアノなので大丈夫です。」

(平成30年度入学)

A. 「私も入学前はピアノが不安でした。授業だけではなく、練習室で友達と毎日少しずつでもピアノに触るようにしたおかげで、今では不安なくピアノに向かえます。実習前には伴奏法の先生に個別指導をお願いして、実習でも伴奏に合わせて子どもと楽しく歌うことができました。」

(平成29年度入学)

Q. 幼稚園か保育園、どちらに就職するか迷っています。

A. 「入学してみると、はっきり就職先を決めている人の方が少ないと感じます。短期大学で学んだり、実習に行って経験を積みながら自分に合う現場を探していけばいいと思います。」

(平成29年度入学)

A. 「私は幼稚園の先生になりたいと思って入学しました。実際に幼稚園と保育園の両方に実習に行ってみると保育士の方が自分に向いている気がして、先生や家族と相談して最終的には保育園から内定をいただきました」

(平成29年度入学)

Q. 短大は忙しいと聞くが、バイトをしたり友達と遊んだりもしたい

A. 「確かに授業のコマ数は多いですし、実習期間は日曜日なども実習に集中しなくてはいけないので自由な時間は少ない気がします。ただ、その時間を有効に使って友達と遊びに行けますし、私を含めてほとんどの友達はアルバイトと授業を両立しています。」

(平成30年度入学)

A. 「周りも同じ授業を受けて、同じ期間に実習に行ってますので、休みの日に予定を合わせることは十分できます。私は実習が終わると、仲の良い友達とディズニーランドに行くのが恒例ですアルバイトも長期休暇に集中的に入れるなど工夫しています。」

(平成29年度入学)

Q. 両免(幼稚園教諭免許・保育士資格の両方)取得を目指すか迷っています。

A. 「まだ、就職したい先が決められないので両方の資格を取得したいと思っています。武蔵野短期大学は両免取得を前提としているので、時間割や先生の指導はもちろん周囲も両免取得は当然という雰囲気があり、その雰囲気に背中を押してもらいながら頑張れそうです。」

(平成30年度入学)

A. 「幼稚園教諭を目指して就職活動を行いましたが、多くの園では保育士資格の取得見込証明の提出も求められました。どこに就職するにも両免をもっていることは有利になると感じました。」

(平成29年度入学)

Q. 実習が乗り切れるか不安です。

A. 「私も、初めて実習に行く前は不安でしたが、直前指導で先生方から励ましの言葉をもらって前向きに実習に取り組むことができました。事前に記録簿の書き方を丁寧に教えてもらえたのが良かったです。実習は大変なこともありますが、将来に向けて自信にもなります。」

(平成29年度入学)

A. 「キャリアガイダンスで名札や自己紹介カードの作成という課題が大変でしたが、実習に行ってみると自分が作ったものが大活躍しました。学内の様々な活動が現場と結びついていると実感しています。実習中でも先生方が相談に乗ってくれたり、助言をくれたりするのも安心です。現場で子どもと関わるのは楽しいですよ。」

(平成30年度入学)