Teacher

石井 友恵

石井 友恵(いしい・ともえ )

所属 幼児教育学科
職位 助教
最終学歴 平成31年 早稲田大学大学院人間科学研究科 修士課程修了
職歴 平成31年~令和3年 早稲田大学人間科学部eスクール教育コーチ(担当:発達行動学)

令和2年~ 武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部国際コミュニケーション学科 兼任講師

学位 修士(人間科学)
研究分野 緩和医療学、臨床死生学、発達心理学
現在の研究テーマ 臨床現場における補完代替医療
研究キーワード 緩和ケア、補完代替医療、死生観、身体接触
所属学会 日本緩和医療学会、日本臨床死生学会、日本アロマセラピー学会、日本統合医療学会、日本乳幼児医学・心理学会
担当授業 子どもの健康と安全、保育内容(健康)の指導法、子ども家庭支援の心理学、キャリアガイダンスⅠ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ、こころとからだ、健康と医学
社会活動 平成31年~ NPO法人日本ホスピス緩和ケア協会 質のマネジメント委員会委員
ホームページアドレス https://www.nanaichi71.com
メールアドレス tomoe.ishii@u.musa.ac.jp
研究紹介 様々なケアが行われる「場」に関心を持っています。現在は、緩和ケア病棟や在宅緩和ケアの現場における補完代替医療、特にアロマセラピストが関わることの意味について研究しています。
主な研究業績 〔論文・口頭発表〕

  • 「入浴後のオイルトリートメントにおける父子の行動の変化-人間関係に着目して-」(『乳幼児医学・心理学研究』30(1)、令和3年)
  • 「保護者支援の一環としてアロマワークショップが機能した一例」(『日本アロマセラピー学会誌第23回学術総会号』、令和2年)
  • 「緩和ケアにおけるアロママッサージの実践が患者・家族・医療スタッフ間のコミュニケーションにもたらす効果」(『日本アロマセラピー学会誌第22回学術総会号』、令和元年)
  • 「在宅緩和ケアにおけるアロママッサージの実践が患者・家族間のコミュニケーションにもたらす効果」(『日本臨床死生学会プログラム・抄録集』、平成30年)
  • 「ホームホスピスにおける活動報告とアロマセラピストが受けた内的体験」(『日本アロマセラピー学会誌第20回学術総会号』、平成29年)
  • 「緩和ケア病棟におけるアロママッサージについて患者・家族・医療スタッフ間のコミュニケーションにもたらす効果」(『日本臨床死生学会プログラム・抄録集』、平成29年)
  • 「発症から看取りにおいて、家族が受け止めた「心に深く残る体験」」(『日本臨床死生学会プログラム・抄録集』、平成28年)
  • 「乳房喪失後に心理的ストレスからうつ状態になった女性へのケアとしてアロマセラピーが奏功した1例」(『日本アロマセラピー学会誌第19回学術総会号』、平成28年)
  • 「外傷後後遺障害に対する統合医療的アプローチ(共著)」(『日本統合医療学会誌』第8巻1号、平成27年)