Department

教員紹介

高橋 暢雄

武蔵野短期大学 学長

詳しく見る

野村 和

副学長・学科長・教授

生涯教育学
近代において、家庭内での女性の個人学習活動が、学校教育の整備とメディアの発達により確立していく過程を、実証的に明らかにすることを目的としている。

詳しく見る

小山 みずえ

教授

幼児教育学、日本幼児教育史
近代日本の幼稚園における保育実践を中心に、日本の幼稚園教育に関する歴史的研究を行っている。

詳しく見る

小山 一馬

教授

図画工作、美術
幼児の造形教育における、主に廃材を利用した手作りおもちゃの実践事例研究を行っている。

詳しく見る

成瀬 雄一

教授

臨床心理学、特別支援教育、教育心理学
応用行動分析に基づき、教育・福祉現場でコンサルテーションやQOLに関する実践研究に取り組んでいる。

詳しく見る

伴 好彦

准教授

スポーツ医学、運動生化学、アルペンスキー指導
アルペンスキーの指導法、トレーニング方法、体力や肥満に関する研究を行っている。

詳しく見る

八木 浩雄

准教授

教育学
W. von フンボルトの陶冶について、情報と思考の関係、人間形成としての子どもと大人の関係について研究に取り組む。

詳しく見る

石毛  久美子

准教授

保育・幼児教育制度、子育て支援制度
就学前段階における保育の移行期と接続のあり方に着目して研究を行っている。地域子育て支援拠点事業等の子育て支援施策及び制度に着目して研究を行っている。

 

詳しく見る

 

田尻 真珠

専任講師

音楽教育、幼児音楽教育
幼児教育者、保育者としての音楽環境と伴奏法、リトミックの研究を行う。

詳しく見る

塩﨑 麻里子

専任講師

 

 

泉水 祐太

専任講師

児童養護、家族心理学
児童養護施設に入所する児童・職員の関係性について、被虐待児童への養育支援のあり方、人格発達に与える影響、養育に関わる職員への支援についても研究を行っている。

詳しく見る

石井 友恵

専任講師

発達行動学、臨床死生学、緩和医療学

家庭や臨床現場における、身体接触(タッチ)を伴うケアについて

詳しく見る