学校生活 | 高等学校 | 年間行事 林間学校

1年生時は春のオリエンテーションと夏の林間学校。2年生では夏の勉強合宿。箱根の宿泊行事では集団生活の基礎を初め多くのことを学びます。

高等学校林間学校の特徴

芦ノ湖湖畔、国立公園の豊かな自然の中にある「レジデンス」。林間学校での経験は生徒を大きく成長させてくれます。1年時の春はオリエンテーション合宿。クラスメイトと2泊3日間寝食を共にすることで、「相手の立場にたって物事を考えていく」ことを身につけていきます。夏の林間学校で(3泊4日間)は、自ら取り組む自発的態度で、学習や体育祭練習に臨み、それらを通じて集団における己の役割を果たすことを目的としています。そして2年時は、模擬試験の成果を出すために、落ち着いた環境の中で勉強合宿(3泊4日間)を実施します。

 

もちろん、「箱根」ですので、ハイキングやバーベキューなど自然を満喫するプログラムもいっぱい。そして、館内の掃除や食事当番などをこなす中でいつの間にか身についてくる集団生活での気遣いやマナー。なによりも友人と過ごす4日間でうまれる一体感。他者を思いやる気持ちが自然と育まれる。それが武蔵野の林間学校です。