Career

武蔵野の就職支援

学生が夢を叶えるために

キャリア・ガイダンス

就職に必要なことを、授業の中で学べます。
1年次から2年次にかけて、週に1度、キャリア・ガイダンスの授業があり、就職活動についての指導を受けられます。たとえば、求人票の見方、履歴書の書き方、面接での受答えなど。基本的なことから、実践的なことまで、時間をかけて、丁寧に細かく教わることができるので、学生は高い意識をもち、しっかり準備して、就職活動に臨むことができます。

就職サポート体制

学生一人ひとりに対し、担任の教員と、就職担当の教員がつき、就職活動が終わるまで、一緒に頑張ります。
教員と学生の距離が近いからこそ、信頼が生まれます。就職活動の不安やわからないことを、いつでも気軽に相談できる関係があるからこそ、安心して、自分の進路を考えることができるのです。また、担当にかかわらず、すべての教員が学生に目を配っていて、学生は色々な先生から、様々なアドバイスや意見をもらえます。すべての学生に、納得した進路へ進んでほしいから、大学全体で学生の夢を応援しています。

先生とのつながり

先生、おかげさまで、採用試験に合格しました!ずっと公立を目標にしていたので、とても嬉しいです。まだ、配属先はわかりませんが、両免を取得しているおかげで、どこに配属されても大丈夫なのは、安心です。就職活動中は、先生方から、たくさんアドバイスをいただけたことが、心強かったです。とくに、小山先生からは、何度も模擬面接をしていただき、感謝しています。自分では気づかなかったところを指摘してもらえて、本番で役に立ちました。でも、一番は、「考えすぎなくて大丈夫!」と背中を押してもらったことが、自信になりました。本当にありがとうございます。

狭山市市役所内定
岩本杏奈さん
埼玉県立入間向陽高等学校出身

就職、おめでとう。岩本さんは、最初から公立を志望していたよね。「納得の進路を見つける」ということを、進路指導では最も大切にしているのだけと、夢がかなって、本当に良かったね。模擬面接のときに改めて感じたけれど、岩本さんは度胸があるから、きっと大丈夫だと思っていたよ。ぜひ、その長所を活かしながら、自分らしく働いて、人間的な成長ができるように、頑張ってね。就職してからも、悩んだり、迷ったりしたら、ぜひ大学に来てください。いつでも相談に乗りますから。

教授
小山一馬