Carrier

内定者インタビュー

歩み続ける先輩たち

一歩を踏み出すからこそ、わかること

相馬綾太さん<br /> 武蔵野高等学校出身<br /> 相馬綾太さん
武蔵野高等学校出身

インターンシップへの参加は、後輩の皆さんにぜひお勧めしたいです!
もちろん、はじめは緊張しました。
けれど、現場を知ることができ、他大学の学生から刺激をもらうことなど、いいことばかりです。

もともと希望していた営業職が、自分には向いていないかもしれないと気づいたのも、インターンシップで現場に立ったからです。やっぱり実際にやってみないとわからないものですね。

そこから、改めて進路を考え直し、今の内定先である百貨店にチャレンジすることを決めました。

採用試験に臨むときは、キャリア・デザイン担当の先生から、マンツーマンで指導していただきましたが、
この経験が、本番ですごく活きました!

なかでも、「面接官から見たら、みんな同じ学生だから大丈夫だよ」という励ましは、グループ面接で弱気になっていた私が、自信をもてるきっかけになりました。

こういう個々の学生に寄り添った指導を受けられるのが、武蔵野学院大学の魅力だと、改めて実感した瞬間でもあります。

内定、本当におめでとう。

社会に一歩踏み出して、自分の肌で感じることが、何より大事。うまくいくことばかりではなくとも、そこから学び取れるものは、必ずあります。

相馬君は、それをきちんと実践できたね。素晴らしいことだよ。

そして、キャリア・デザイン担当の先生とのいい出会いがあってよかった。本学では、キャリア・デザイン担当の先生、ゼミの先生、就職部のスタッフが連携して、サポート体制をとっています。

その理由は、学生が自分の話しやすい先生に、安心して相談できる環境をととのえるためです。

このような学生と教職の距離の近さは、武蔵野学院大学の良さですね。「学生一人ひとりと向き合う」という私たちのモットーのあらわれでもあります。

学生の皆さんには、社会への一歩を、前向きに踏み出してほしい。そのためにできることを、一生懸命、真摯に行うことが、武蔵野学院大学のサポートです。

就職部長 東出正信

飛行機のそばで働く夢を現実に

関川莞太さん<br /> 埼玉県立所沢中央高等学校<br>出身 関川莞太さん
埼玉県立所沢中央高等学校
出身

空港で働くことが、子どもの頃からの夢でした。ずっと飛行機が好きだったからです。

キャリア・デザインの授業で学んでいたエントリーシートの書き方が、実際の就職活動で役立ったことは、嬉しかったです。

また、新型コロナウイルスの影響で、説明会や面接がオンラインに切り替わったときも、就職部の方々がこまめに電話をくださり、アドバイスや情報を教えてくれたことは、精神的にも助けられました。メールで質問しても、いつも数分で丁寧に返信していただいたことも、心強かったです。

いろいろな支えのおかげで、内定が決まったときは、感謝の気持ちが込み上げました。だからこそ、一日もはやく、仕事を覚え、飛行機の安全な運航を支えられるようになりたいと思っています。

地元への想いと世界への関心 どちらも私を動かす原動力

岡本 桃香 さん<br /> 埼玉県立所沢高等学校出身 岡本 桃香 さん
埼玉県立所沢高等学校出身

大学生になったら、いろいろなことにチャレンジしたいと思っていた私は、地元の消防団に入団しました。女性団員は少ないですが、子ども向けの防災指導や高齢者世帯の防火訪問など、大切な役割を担っています。消防団の活動を重ねながら多世代の人々と触れあい、地域の役に立つ喜びを感じるようになりました。

また、大学ではカナダへの4か月間の留学や、都内の企業での長期インターンシップを行いながら、海外と日本の橋渡しをしたいとも考えるようになりました。本格的に将来の進路を考え、公務員試験を受けようと決めたのは3年次の冬頃です。地域に貢献できる仕事であると同時に、グローバル化する日本では、市役所の中に複雑な国際社会の縮図があると思えたからです。

公務員試験の勉強は大学の図書館のブースでひたすら対策問題を解きました。一般企業の就職活動に比べて長い道のりでしたが、私の顔を見るたびに「岡本さんなら大丈夫!」と励ましてくれた先生方に支えられ、内定をいただくことができました。所沢市は合宿地として海外のスポーツ選手団を誘致しているので、選手の皆さんの滞在中に何か役に立つことができたらと今から楽しみにしています。