本学の特徴 武蔵野の英語教育

使える英語を-実践的な英語の習得

授業風景

皆さんは、これまでどれだけの時間をかけて英語を学んできたでしょうか。中学校や高校だけでも、英語の学習にかなりの時間を費やしてきたのではないでしょうか。それでは、その結果、皆さんは英語を話せるようになりましたか?もちろん、文法などの学習は大切です。しかし、それだけで英語を話せるようになるのは、非常に困難でしょう。

アメリカの大学生は、大学の四年間の学びだけで日常会話レベルまで第二外国語をマスターできると言われています。それはなぜか。様々なシチュエーションに応じた、会話のトレーニングを徹底しているからです。赤ちゃんが言葉を身につける時も、文法や読み書きではなく、話したり聞いたりすることの方が先ですよね。英会話の習得には、反復が大切なのです。

武蔵野学院大学では、二年間にわたり、少人数による英語講義を600時間以上行います。また、費用を大学が負担することで、TOEIC Bridge(R)を全学生に受験してもらっています。さらに、学内のWi-Fiを利用すれば、ウェブ上でTOEIC(R)の問題集にチャレンジできます。1、2年次に英会話教育を徹底することで、使える英語をマスターできるようになるのです。

英会話に自信が無い、という人も多いかもしれません。でも、大丈夫です。いわゆる「受験英語」と違って、英語を話したり、聞いたりする力には皆さんが思っているほどの差はありません。本学は、英語に苦手意識を持っている人にこそ、入学してもらいたいと思っています。これからの社会では、英語を避けて通ることはできません。学生生活は、使える英語を身につけるラストチャンスです。英語を話せて困っている人は、一人もいないでしょう。皆さんも英会話を習得して、自らの可能性を広げてみませんか?

AMUSEプログラム

AMUSEプログラム(Academy of Motivated Undergraduate Students of Englishの頭文字)とは、授業以外にも英語を学びたい学生を対象に、少人数で実施する英語学習特別プログラムです。授業ではないからこそ可能な、学生の習熟度や関心に応じた英会話、TOEIC対策など柔軟に行っています。

英語で何を伝えるか?

武蔵野学院大学の学びは、英語を話せるようになることが最終目標ではありません。英会話はあくまでツールの一つ。そのツールでどのような情報を獲得し、何を伝えるのか。

3、4年次の専門科目やゼミを中心に、自国や他国の文化、社会、歴史を学び、自らの関心事を英語で発信することを目指します。

また、武蔵野学院大学は、他の国際系の大学や学部よりも「日本」に関する講義が充実しています。国籍を問わず、日本の大学で学んだ者であれば、日本のことを世界に発信できる人こそが、真の国際人であると本学は考えています。本当の「国際人」として、世界へ羽ばたいてください!

実践・行動をベースに真の「コミュニケーション力」を手に入れる。

言葉だけではない“コミュニケーション”の形

“コミュニケーション”という言葉から、言語によるやりとりや会話を思い浮かべる人は多いでしょう。
しかし、“コミュニケーション”は言葉によるものだけとは限りません。
握手や抱擁といった身体的接触や、身振り・手振りによる意思伝達、さらには愛情や友情、憎しみといった目に見えない感情のやりとりもまた、“コミュニケーション”の一つの形なのです。

武蔵野で身につける「コミュニケーション力」とは?

海外研修・国際ボランティア

言語による会話はもちろん、全人格的なふれあいによって他者と交流することのできる実践的な「コミュニケーション力」を身につけるために、武蔵野学院大学では行動的・体験的な学びを重視しています。

海外体験としては、2年次または3年次に3週間の海外研修を実施。さらに最長半年間の海外留学奨励制度も設け、言語・文化の異なる人たちとのコミュニケーションを実践的に学んでいきます。

また、実際の企業で実務体験をするインターンシップ(2・3年次)や教育ボランティア・福祉ボランティアといった体験的な学びの場が数多く用意されているほか、約15名の学生を1名の教員が担当し、学習から生活面までを真摯にサポートする「担任制」を採用するなど、コミュニケーション力の素地を養うことができるさまざまな環境が、本学には整備されています。

他者を理解し、繋がる力を手に入れる

人と人との関係も、企業と企業との関係も、国と国との関係も、すべては“コミュニケーション”が土台となっています。国や文化、年齢、性別、立場などを超えて他者を理解し、繋がっていくことのできる真の「コミュニケーション力」を、国際コミュニケーション学部の学びから手に入れてください。

ページの先頭へ戻る